チーム打率は13連敗巨人以下…8連敗ヤクルトの悲惨な現状

公開日:  更新日:

 巨人の連敗記録の陰に隠れて目立たないが、こちらもしっかりと負け続けている。

 ヤクルトが8日もソフトバンクに負け、引き分けを挟んで2年ぶりの8連敗。交流戦のチーム防御率こそ5.75で巨人(6.55)にワーストの座を譲るものの、それでも12球団中11位。同チーム打率にいたっては、超がつく貧打にあえぐ巨人の.235をさらに下回る.216。もちろん、12球団ダンゼンのワーストだ。

 この日もソフトバンク先発の中田に5四死球をもらいながらも、打線が沈黙。チャンスでことごとく凡退し、不安定な中田を助けた。

 さらに投手陣もプロ初登板のルーキー中尾が先発するも、3回7失点。2番手の中島も同じく7失点と炎上すれば、3番手の成瀬は鶴岡にダメ押しの今季1号ソロを献上する始末だ。

 終わってみれば6安打無得点、被安打20の15失点。グウの音も出ない敗戦に、真中監督も「ファンに良いところを見せられない。申し訳ない」と言うほかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る