• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チーム打率は13連敗巨人以下…8連敗ヤクルトの悲惨な現状

 巨人の連敗記録の陰に隠れて目立たないが、こちらもしっかりと負け続けている。

 ヤクルトが8日もソフトバンクに負け、引き分けを挟んで2年ぶりの8連敗。交流戦のチーム防御率こそ5.75で巨人(6.55)にワーストの座を譲るものの、それでも12球団中11位。同チーム打率にいたっては、超がつく貧打にあえぐ巨人の.235をさらに下回る.216。もちろん、12球団ダンゼンのワーストだ。

 この日もソフトバンク先発の中田に5四死球をもらいながらも、打線が沈黙。チャンスでことごとく凡退し、不安定な中田を助けた。

 さらに投手陣もプロ初登板のルーキー中尾が先発するも、3回7失点。2番手の中島も同じく7失点と炎上すれば、3番手の成瀬は鶴岡にダメ押しの今季1号ソロを献上する始末だ。

 終わってみれば6安打無得点、被安打20の15失点。グウの音も出ない敗戦に、真中監督も「ファンに良いところを見せられない。申し訳ない」と言うほかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る