チーム打率は13連敗巨人以下…8連敗ヤクルトの悲惨な現状

公開日: 更新日:

 巨人の連敗記録の陰に隠れて目立たないが、こちらもしっかりと負け続けている。

 ヤクルトが8日もソフトバンクに負け、引き分けを挟んで2年ぶりの8連敗。交流戦のチーム防御率こそ5.75で巨人(6.55)にワーストの座を譲るものの、それでも12球団中11位。同チーム打率にいたっては、超がつく貧打にあえぐ巨人の.235をさらに下回る.216。もちろん、12球団ダンゼンのワーストだ。

 この日もソフトバンク先発の中田に5四死球をもらいながらも、打線が沈黙。チャンスでことごとく凡退し、不安定な中田を助けた。

 さらに投手陣もプロ初登板のルーキー中尾が先発するも、3回7失点。2番手の中島も同じく7失点と炎上すれば、3番手の成瀬は鶴岡にダメ押しの今季1号ソロを献上する始末だ。

 終わってみれば6安打無得点、被安打20の15失点。グウの音も出ない敗戦に、真中監督も「ファンに良いところを見せられない。申し訳ない」と言うほかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る