故障者続出も戦力維持 ソフトBの補強は巨人と何が違う?

公開日:  更新日:

 先発3本柱に加えて、4番と主砲、頼れるベテラン捕手に、さらにはセットアッパーまで離脱とあれば、並のチームなら戦う以前の問題。しかし、それでも他球団と対等以上に戦っているのがソフトバンクだ。

 12日、主砲のデスパイネが右太もも裏の肉離れで登録抹消。頚椎捻挫の内川に代わって4番を務めていただけに、まさかのアクシデントだ。

 ソフトバンクは昨季10勝以上をマークした武田、千賀、和田が故障で戦列を離れ、捕手の高谷も10日の試合で骨折。4月にトミー・ジョン手術を受けたリリーフのスアレスに至っては今季絶望だ。

 これだけ故障者が続出しながら、もっかパの打点トップタイ(53)の柳田を筆頭に戦力は整っている。4年目の上林は打率.317。川崎も3割を超え、一時期調子を落としていた中村も打率3割に迫っている。懸念があるとすればバンデンハークしか軸がいない先発だが、それでも首位・楽天に1.5ゲーム差の2位にいるのだから驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る