故障者続出も戦力維持 ソフトBの補強は巨人と何が違う?

公開日: 更新日:

■主力の大半は生え抜き

 ある球界関係者は「要はカネの使い方ですよ」と、こう話す。

「ソフトバンクの強みは、豊富な資金力に支えられた育成と補強。三軍制度にしても年間3億円ほどの費用がかかるそうなので、どの球団でもできるというわけではないにせよ、そうやって頭角を現した育成出身の選手が千賀(2010年=育成選手ドラフト4位)、正捕手の座を掴みつつある甲斐(10年=同6位)、今季プロ初勝利をあげた石川(13年=同1位)らです。さらに総工費60億円をかけて新設したファーム施設が、昨年から稼働している。下からイキのいい選手がどんどん出てくるのだから、主力もウカウカできませんよ」

 金満球団のイメージが強いソフトバンクだが、主力の大半は生え抜き選手。足りない部分はカネに糸目をつけず、FAや助っ人で補うという本来の意味の“補強”だ。あれもこれもと欲しがる他の金満球団とは、カネの使い方そのものが違う。

 工藤監督はデスパイネの離脱に、「いるメンバーでやるしかない」と悲壮感を漂わせた。その「いるメンバー」が粒揃いなだけに、ライバル球団はため息だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る