若手伸び悩む金本阪神 “和田チルドレン”存在感のジレンマ

公開日:

 貯金10で首位広島に2ゲーム差の2位につける阪神。しかし9日からのソフトバンク戦では糸井が左太もも裏を故障、高山、福留、原口の中軸が32打数1安打と打てずに1勝2敗と負け越した。

「糸井の故障は痛いが、3番高山、5番原口がもっと打っていればもう少し違った結果になっていた。北條も含め、昨年から積極起用され続けている若手の伸び悩みは首脳陣にとっても心配の種です」(マスコミ関係者)

 若手が伸び悩む一方で、昨季は目立たなかった中堅どころの選手たちが存在感を見せている。

 代表格は30歳の上本。昨季は45試合にとどまるも、今季は二塁に定着。早くも昨季を上回る52試合に出場し、打率.282。今季から両打ちに転向した29歳の大和も、当初は上本の守備固めが主だったが、北條の不振が続いたため遊撃で先発出場する機会が増え、その全7試合で安打を放っている。29歳の俊介は、昨季は入団以来最少の41試合出場と精彩を欠いたが、今季は5月30日のロッテ戦で一軍に再昇格し、3二塁打を放ち、4打点をマーク。故障した糸井がベンチスタートとなったことで10日、11日のソフトバンク戦は2番左翼でスタメン出場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る