両リーグ最速20S 楽天・松井裕は断酒で意識改革に成功

公開日: 更新日:

 楽天の松井裕樹(21)が11日の広島戦で両リーグ最速の20セーブ目を挙げた。

 球団初の3年連続20セーブ投手となった松井裕は、単にセーブを挙げるだけでなく、点も取られていない。ここまで27試合に登板して自責はわずか1、防御率0.32という驚異的な数字を残している。

 このまま順調にいけば、シーズン52セーブというペース。05年の岩瀬仁紀(中日)、07年の藤川球児(阪神)がマークした日本記録の46セーブを大幅に更新する可能性がある。

 チームは貯金20で首位をキープ。それだけ守護神の出番も多くなるわけで、おのずと疲労も蓄積するが、今の松井裕には穴をあけない自覚がある。

「抑えになって毎日続けているのは、試合前にやる股関節のエクササイズ。時間は10~15分程度ですけど、欠かさずやっています。体の柔らかさは保っておきたいし、1年間ケガをしない準備はしておきたいので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  5. 5

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  6. 6

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  7. 7

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  8. 8

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る