両リーグ最速20S 楽天・松井裕は断酒で意識改革に成功

公開日:

 楽天の松井裕樹(21)が11日の広島戦で両リーグ最速の20セーブ目を挙げた。

 球団初の3年連続20セーブ投手となった松井裕は、単にセーブを挙げるだけでなく、点も取られていない。ここまで27試合に登板して自責はわずか1、防御率0.32という驚異的な数字を残している。

 このまま順調にいけば、シーズン52セーブというペース。05年の岩瀬仁紀(中日)、07年の藤川球児(阪神)がマークした日本記録の46セーブを大幅に更新する可能性がある。

 チームは貯金20で首位をキープ。それだけ守護神の出番も多くなるわけで、おのずと疲労も蓄積するが、今の松井裕には穴をあけない自覚がある。

「抑えになって毎日続けているのは、試合前にやる股関節のエクササイズ。時間は10~15分程度ですけど、欠かさずやっています。体の柔らかさは保っておきたいし、1年間ケガをしない準備はしておきたいので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る