両リーグ最速20S 楽天・松井裕は断酒で意識改革に成功

公開日: 更新日:

 楽天の松井裕樹(21)が11日の広島戦で両リーグ最速の20セーブ目を挙げた。

 球団初の3年連続20セーブ投手となった松井裕は、単にセーブを挙げるだけでなく、点も取られていない。ここまで27試合に登板して自責はわずか1、防御率0.32という驚異的な数字を残している。

 このまま順調にいけば、シーズン52セーブというペース。05年の岩瀬仁紀(中日)、07年の藤川球児(阪神)がマークした日本記録の46セーブを大幅に更新する可能性がある。

 チームは貯金20で首位をキープ。それだけ守護神の出番も多くなるわけで、おのずと疲労も蓄積するが、今の松井裕には穴をあけない自覚がある。

「抑えになって毎日続けているのは、試合前にやる股関節のエクササイズ。時間は10~15分程度ですけど、欠かさずやっています。体の柔らかさは保っておきたいし、1年間ケガをしない準備はしておきたいので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る