下位指名選手が次々戦力に 楽天好調はドラフト戦略が奏功

公開日: 更新日:

 楽天が好調だ。

 オフにFAで獲得した岸(32)はインフルエンザのため、30日の日本ハム戦が今季3試合目の登板。助っ人にしても2番のペゲーロ(30)の7本塁打、21打点が際立つものの、3、4番のウィーラー、アマダーは2人で3本塁打だ。

 それでも30日現在、貯金「11」でパの首位を走っているのは、若手の存在が大きい。

 野手では2年目の遊撃手・茂木(23)が打率・318、5本塁打。投手ではこの日プロ初勝利を挙げたセットアッパーの森原(25)を筆頭に、中継ぎの菅原(23)、高梨(24)らの活躍がチームを支えている。3投手はいずれも昨年のドラフトでプロ入りした新人。森原は15試合、14回3分の1に登板して1失点。菅原は6試合、6回3分の1で無失点を継続中だ。

「ここ数年のドラフトがうまくいっているのですよ」と、さるマスコミ関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る