巨人由伸監督のクビ絞める “生命線”マシソンの登板過多

公開日:  更新日:

 巨人の先発投手陣に特攻指令が下る。

 21日、「球宴前にエース菅野の登板間隔を通常の中6日から中5日に縮め、首位広島を追撃する」と一部スポーツ紙が報じた。尾花投手コーチに聞くと、「それは書いた人に聞いて」としながら「球宴以降は菅野だけでなく、他の先発もいい投手だけ少数精鋭にして中5日? まあ、それはどうでしょう……。いい投手だけっていうのは、これまでもそうしてるけど。ただ、山口(俊)に関しては、肩の状態次第だから(間隔を詰めるとは)言い切れないけど……」と、球宴明けには菅野以外の先発陣の登板間隔まで中5日に詰める可能性を示唆した。

 登板間隔の短くなった先発は早い回で降板する機会が増え、しわ寄せはいきおいリリーフ陣にいく。中でも割を食いそうなのが、スコット・マシソン(33)だ。

 これまで27試合に登板し、投球回数は31回3分の2。巨人のリリーフ陣ではダントツだ。回をまたいだ登板も7試合ある。貧打のためにクルーズが昇格した際、外国人枠の関係で抑えのカミネロが二軍落ち。この時は守護神を務めるなどフル回転している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る