巨人由伸監督のクビ絞める “生命線”マシソンの登板過多

公開日: 更新日:

 巨人の先発投手陣に特攻指令が下る。

 21日、「球宴前にエース菅野の登板間隔を通常の中6日から中5日に縮め、首位広島を追撃する」と一部スポーツ紙が報じた。尾花投手コーチに聞くと、「それは書いた人に聞いて」としながら「球宴以降は菅野だけでなく、他の先発もいい投手だけ少数精鋭にして中5日? まあ、それはどうでしょう……。いい投手だけっていうのは、これまでもそうしてるけど。ただ、山口(俊)に関しては、肩の状態次第だから(間隔を詰めるとは)言い切れないけど……」と、球宴明けには菅野以外の先発陣の登板間隔まで中5日に詰める可能性を示唆した。

 登板間隔の短くなった先発は早い回で降板する機会が増え、しわ寄せはいきおいリリーフ陣にいく。中でも割を食いそうなのが、スコット・マシソン(33)だ。

 これまで27試合に登板し、投球回数は31回3分の2。巨人のリリーフ陣ではダントツだ。回をまたいだ登板も7試合ある。貧打のためにクルーズが昇格した際、外国人枠の関係で抑えのカミネロが二軍落ち。この時は守護神を務めるなどフル回転している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  9. 9

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  10. 10

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る