巨人由伸監督のクビ絞める “生命線”マシソンの登板過多

公開日:  更新日:

 巨人の先発投手陣に特攻指令が下る。

 21日、「球宴前にエース菅野の登板間隔を通常の中6日から中5日に縮め、首位広島を追撃する」と一部スポーツ紙が報じた。尾花投手コーチに聞くと、「それは書いた人に聞いて」としながら「球宴以降は菅野だけでなく、他の先発もいい投手だけ少数精鋭にして中5日? まあ、それはどうでしょう……。いい投手だけっていうのは、これまでもそうしてるけど。ただ、山口(俊)に関しては、肩の状態次第だから(間隔を詰めるとは)言い切れないけど……」と、球宴明けには菅野以外の先発陣の登板間隔まで中5日に詰める可能性を示唆した。

 登板間隔の短くなった先発は早い回で降板する機会が増え、しわ寄せはいきおいリリーフ陣にいく。中でも割を食いそうなのが、スコット・マシソン(33)だ。

 これまで27試合に登板し、投球回数は31回3分の2。巨人のリリーフ陣ではダントツだ。回をまたいだ登板も7試合ある。貧打のためにクルーズが昇格した際、外国人枠の関係で抑えのカミネロが二軍落ち。この時は守護神を務めるなどフル回転している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る