依存は続いている 巨人によぎる「阿部抹消」の最悪データ

公開日: 更新日:

 巨人高橋由伸監督(42)が恐れていたことが起きてしまった。阿部慎之助(38)が19日、出場選手登録を抹消された。交流戦最終戦となった18日のロッテ戦の六回、顔面付近の球をのけ反ってよけた際に右膝付近を負傷。途中交代していた。

 巨人の成績は阿部の調子とリンクしている。開幕4番に座った3、4月は打率.305と好調。チームも開幕5連勝などスタートダッシュに成功した。が、5月に打率.200と下降線をたどると、巨人も負けが込み始め、6月にかけて球団ワースト記録を更新する13連敗。現在は借金7のリーグ4位に沈む。

 巨人OBの高橋善正氏(評論家)が言う。

「前日のロッテ戦でせっかくいい2本塁打を放ち、復調の兆しを見せていただけに、由伸監督も頭が痛いでしょう。坂本とマギーは打率上位をキープしているのに、なぜ巨人は13連敗を食らったのか。阿部が打てば勝つし、打たなきゃ負ける。近年ずっと言われている阿部依存からの脱却が、いまだになされていないからです。だから由伸監督も休養日を与えながら慎重を期していた。それでもやってしまった。こんな時のために補強したマギーと村田が控えているとはいえ、OBとしては、これを機に若手の岡本を思い切って抜擢して欲しいものです。いずれにせよ、他の誰でもない阿部の離脱ショックは、ようやく上向いたように見えるチーム全体に広がるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  8. 8

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  9. 9

    菅氏の郷里の長姉は仕送りを証言…苦学して法大卒業の真偽

  10. 10

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

もっと見る