依存は続いている 巨人によぎる「阿部抹消」の最悪データ

公開日:

 巨人の高橋由伸監督(42)が恐れていたことが起きてしまった。阿部慎之助(38)が19日、出場選手登録を抹消された。交流戦最終戦となった18日のロッテ戦の六回、顔面付近の球をのけ反ってよけた際に右膝付近を負傷。途中交代していた。

 巨人の成績は阿部の調子とリンクしている。開幕4番に座った3、4月は打率.305と好調。チームも開幕5連勝などスタートダッシュに成功した。が、5月に打率.200と下降線をたどると、巨人も負けが込み始め、6月にかけて球団ワースト記録を更新する13連敗。現在は借金7のリーグ4位に沈む。

 巨人OBの高橋善正氏(評論家)が言う。

「前日のロッテ戦でせっかくいい2本塁打を放ち、復調の兆しを見せていただけに、由伸監督も頭が痛いでしょう。坂本とマギーは打率上位をキープしているのに、なぜ巨人は13連敗を食らったのか。阿部が打てば勝つし、打たなきゃ負ける。近年ずっと言われている阿部依存からの脱却が、いまだになされていないからです。だから由伸監督も休養日を与えながら慎重を期していた。それでもやってしまった。こんな時のために補強したマギーと村田が控えているとはいえ、OBとしては、これを機に若手の岡本を思い切って抜擢して欲しいものです。いずれにせよ、他の誰でもない阿部の離脱ショックは、ようやく上向いたように見えるチーム全体に広がるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る