プロ初勝利 育成出身ソフト石川柊太はネガティブ系速球派

公開日:  更新日:

 育成出身とはいえ、随分控えめな選手だ。

 31日の中日戦で、プロ初先発、初勝利を挙げたのがソフトバンクの石川柊太(25)。創価大から2013年育成1位で入団し、昨年7月に支配下枠入り。中継ぎとして、17試合に投げていた。

 この日は6回2失点の好投も、本人からすれば意外な結果だったようだ。石川はお立ち台に上がるなり、

「当たって砕けろというか、背水の陣というか……、自分のやることをやるだけだと思ってマウンドに上がった」

 と、なぜか覚悟を決めていたもよう。インタビュアーに投球内容を聞かされると、

「出来すぎかなあ、と。自分の中ではもっと……出来ないんじゃないかと、ネガティブな部分があった」

 と話したのだから、起用した首脳陣は「おいおい」だ。記念すべき初勝利については「自分は出来るんだ、というきっかけになる1勝」と言うも、その口調はどこか控えめ。

 150キロ前後の直球に140キロの高速フォークを武器としている石川。もっと自信を持ってもいいと思うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る