プロ初勝利 育成出身ソフト石川柊太はネガティブ系速球派

公開日: 更新日:

 育成出身とはいえ、随分控えめな選手だ。

 31日の中日戦で、プロ初先発、初勝利を挙げたのがソフトバンクの石川柊太(25)。創価大から2013年育成1位で入団し、昨年7月に支配下枠入り。中継ぎとして、17試合に投げていた。

 この日は6回2失点の好投も、本人からすれば意外な結果だったようだ。石川はお立ち台に上がるなり、

「当たって砕けろというか、背水の陣というか……、自分のやることをやるだけだと思ってマウンドに上がった」

 と、なぜか覚悟を決めていたもよう。インタビュアーに投球内容を聞かされると、

「出来すぎかなあ、と。自分の中ではもっと……出来ないんじゃないかと、ネガティブな部分があった」

 と話したのだから、起用した首脳陣は「おいおい」だ。記念すべき初勝利については「自分は出来るんだ、というきっかけになる1勝」と言うも、その口調はどこか控えめ。

 150キロ前後の直球に140キロの高速フォークを武器としている石川。もっと自信を持ってもいいと思うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る