プロ初勝利 育成出身ソフト石川柊太はネガティブ系速球派

公開日:  更新日:

 育成出身とはいえ、随分控えめな選手だ。

 31日の中日戦で、プロ初先発、初勝利を挙げたのがソフトバンクの石川柊太(25)。創価大から2013年育成1位で入団し、昨年7月に支配下枠入り。中継ぎとして、17試合に投げていた。

 この日は6回2失点の好投も、本人からすれば意外な結果だったようだ。石川はお立ち台に上がるなり、

「当たって砕けろというか、背水の陣というか……、自分のやることをやるだけだと思ってマウンドに上がった」

 と、なぜか覚悟を決めていたもよう。インタビュアーに投球内容を聞かされると、

「出来すぎかなあ、と。自分の中ではもっと……出来ないんじゃないかと、ネガティブな部分があった」

 と話したのだから、起用した首脳陣は「おいおい」だ。記念すべき初勝利については「自分は出来るんだ、というきっかけになる1勝」と言うも、その口調はどこか控えめ。

 150キロ前後の直球に140キロの高速フォークを武器としている石川。もっと自信を持ってもいいと思うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る