他球団が興味津々 不遇かこつ“元主力”3人が巨人を捨てる

公開日:  更新日:

 最下位が迫ってきた5位に沈む巨人の選手が他球団に狙われている。FAの話だが、注目は横浜から巨人へFA入団して6年目の村田修一(36)だという。

 昨季は打率.302、25本塁打、81打点の好成績。ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。にもかかわらず、今季は新外国人のマギーに三塁のポジションを奪われ、ベンチに追いやられた。阿部が右膝を故障して離脱した今でこそ「一塁」で出場しているものの、あくまで阿部、マギーのサポートという役目ではモチベーションも上がらない。

 28日に福島で行われたヤクルト戦は6番に入って3安打と気を吐いたが、それでも打率.252、4本塁打。7月早々には阿部が復帰する予定で、再びベンチに逆戻りすることが濃厚だ。

 パ・リーグの編成担当者がこう言う。


「2度目のFA権を持っている村田は、仮に巨人で再契約しても年俸の大幅減は確実。07、08年の本塁打王を獲得した頃の長打力はないが、昨年は3割をマーク。何より三塁の安定した守備力は、各球団の評価が高い。3割近い数字を残してくれるなら、守れない三塁の外国人選手を補強するより、村田の方がよっぽどいい。さすがに今の2億円超の年俸というわけにはいきませんが、本人がカネよりチャンスと考えているなら、引く手あまたになるのは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る