他球団が興味津々 不遇かこつ“元主力”3人が巨人を捨てる

公開日: 更新日:

 最下位が迫ってきた5位に沈む巨人の選手が他球団に狙われている。FAの話だが、注目は横浜から巨人へFA入団して6年目の村田修一(36)だという。

 昨季は打率.302、25本塁打、81打点の好成績。ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。にもかかわらず、今季は新外国人のマギーに三塁のポジションを奪われ、ベンチに追いやられた。阿部が右膝を故障して離脱した今でこそ「一塁」で出場しているものの、あくまで阿部、マギーのサポートという役目ではモチベーションも上がらない。

 28日に福島で行われたヤクルト戦は6番に入って3安打と気を吐いたが、それでも打率.252、4本塁打。7月早々には阿部が復帰する予定で、再びベンチに逆戻りすることが濃厚だ。

 パ・リーグの編成担当者がこう言う。


「2度目のFA権を持っている村田は、仮に巨人で再契約しても年俸の大幅減は確実。07、08年の本塁打王を獲得した頃の長打力はないが、昨年は3割をマーク。何より三塁の安定した守備力は、各球団の評価が高い。3割近い数字を残してくれるなら、守れない三塁の外国人選手を補強するより、村田の方がよっぽどいい。さすがに今の2億円超の年俸というわけにはいきませんが、本人がカネよりチャンスと考えているなら、引く手あまたになるのは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る