42回適時打なしで7連敗…貧打病に阪神投手陣“爆発寸前”

公開日:  更新日:

 打順の組み替えも効果なしだ。

 前日完封負けで6連敗を喫した阪神の金本監督。この日はドラフト1位の大山を「6番・一塁」で初スタメンに起用し、3番糸井の後は4番中谷、5番鳥谷で中軸を組んだが機能せず、散発4安打で今季7度目の零敗。42イニング連続適時打なしというビョー的な貧打に苦しむ金本監督は、近日中に契約合意というジェイソン・ロジャース内野手(29=パイレーツ3A、今季66試合、打率.285、8本塁打、32打点=右投げ右打ち)が待ち遠しいに違いない。

 これで阪神は首位広島と6.5ゲーム差に広がったばかりか、下を見れば3位DeNAと3ゲーム差。4位中日とも4.5ゲーム差となった。その中日はこの日、序盤戦不調だった大野が6回2安打と復活の投球を見せれば、又吉、岩瀬、田島の救援陣が3試合連続でピシャリ。打線も、現在リーグ最多本塁打(21本)のゲレーロが初回に先制適時打を放つなど、少ないチャンスをものにして、持ち前の粘りが出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る