• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

単独トップ9勝 楽天・則本を悩ます奪三振記録の“後遺症”

 エースにとっては「恵みの雨」となるはずだった。

 4日のロッテ戦に先発した則本昂大(26)。この日は六回表終了時点で降雨コールド。5回1失点7奪三振で9勝目を手にしたものの、球数の多さは相変わらず。初回だけで34球、5回を投げるのに91球も要した。降雨コールドなら球数は嫌でも減るはずなのに、そうはならなかったのだ。

 試合後の本人は「(審判が)厳しいところを取ってくれなくて苦しいピッチングになってしまった」とガックリ。

 与田投手コーチは「今年からストライクとボールの厳しいコースを出し入れする“ライン出し”を意識させている。今日は『よし』と思った厳しい球をボールと言われ、気持ちが乗りにくかったというのもあるだろう」とエースをかばった。

 連続2ケタ奪三振記録は8試合で途切れた。狙って三振を取りにいけばおのずと球数は増える。狙って三振を奪わなければならないというプレッシャーからはすでに解放されたはずなのに、一向に球数は減らない。その理由について与田コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る