• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

単独トップ9勝 楽天・則本を悩ます奪三振記録の“後遺症”

 エースにとっては「恵みの雨」となるはずだった。

 4日のロッテ戦に先発した則本昂大(26)。この日は六回表終了時点で降雨コールド。5回1失点7奪三振で9勝目を手にしたものの、球数の多さは相変わらず。初回だけで34球、5回を投げるのに91球も要した。降雨コールドなら球数は嫌でも減るはずなのに、そうはならなかったのだ。

 試合後の本人は「(審判が)厳しいところを取ってくれなくて苦しいピッチングになってしまった」とガックリ。

 与田投手コーチは「今年からストライクとボールの厳しいコースを出し入れする“ライン出し”を意識させている。今日は『よし』と思った厳しい球をボールと言われ、気持ちが乗りにくかったというのもあるだろう」とエースをかばった。

 連続2ケタ奪三振記録は8試合で途切れた。狙って三振を取りにいけばおのずと球数は増える。狙って三振を奪わなければならないというプレッシャーからはすでに解放されたはずなのに、一向に球数は減らない。その理由について与田コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る