米メディアは懐疑的も ハム大谷「今オフメジャー」の根拠

公開日:

 果たしてそうか。6日、「日本ハムのショーヘイ・オオタニが今オフ、メジャーに行く可能性は低くなった」というニュースが、海の向こうから飛び込んできた。

 伝えたのは米テレビ局「CBSスポーツ」(電子版)。彼らは何を根拠に大谷翔平(23)は今オフ、メジャー挑戦しないだろうとリポートしたのか。

 理由はズバリ、カネだ。MLBは昨年12月、新労使協定を締結した。これにより、「25歳未満の海外選手を獲得する場合、契約金や年俸、出来高などをすべて含め、総額は年間約500万ドル(約5億6700万円)まで」となった。

 約500万ドルとは選手1人当たりの金額ではない。条件に該当し、その年、獲得する海外選手すべての合計だ。

 7月2日に海外アマチュアFA選手との契約が解禁されると、獲得する球団が続出。100万ドル(約1億1000万円)以上の契約を結んだ選手は実に22人に上った。ほとんどの球団が総額約500万ドルという「枠」に近い金額を使用しているため、大谷に回せるカネが極めて少なくなることが予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る