サニブラウン 世界陸上前の合宿不参加は英断かワガママか

公開日: 更新日:

 それを「ワガママ」と言うのはおかしい。

 陸上の日本選手権で、100メートルと200メートルの2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(18)が、7月中旬に山梨県内で実施される世界陸上(8月4日開幕=ロンドン)の男子短距離代表合宿に参加しないことになりそうだ。

■リレーより個人種目

 その一報を聞いたスポーツライターの高野祐太氏は「英断だと思います」と言ってこう語る。

「この合宿は、リレーのバトン練習に重点が置かれていたが、例えば北京やロンドン五輪の頃は、リレーでメダルが取れるかもしれないということで事前合宿の練習でバトンパスの時間を短縮することは意味があった。9秒台の選手がひとりもいない日本が、リオ五輪の400メートルリレーで銀メダルを取れたのも巧みなバトンパスがあったからです。今はサニブラウンやケンブリッジ(飛鳥)などが個人種目で100メートルのファイナルを狙えるところまできた。合宿には参加せず現地で個人種目の調整を優先するのは賢い判断です。」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る