日本勢は参考記録止まり 100m9秒台の夢に近づく韓国選手

公開日:

 中国の次は韓国かもしれない。

 27日に韓国で行われた「コリアオープン国際陸上大会」で、金国栄(26)が10秒07をマークした。金は2日前に10秒13の国内新記録を出しているから、たった2日で0・06秒も更新した。

 これまで韓国は陸上のトラック競技に有望な選手が育たず、100メートルの9秒台は夢のまた夢の話だった。それが金の急成長により、10秒の壁を破ることが現実味を帯びてきたのだ。

 アジアで100メートルの記録といえば、98年12月のアジア大会(バンコク)で伊東浩司が10秒00を出したことから、初の9秒台は「陸上が盛んな日本から記録が生まれるのは時間の問題」といわれていたし、国内の関係者もそう信じて疑わなかった。しかし、あれから19年を経ようかというのに、15年の桐生祥秀(9秒87)や今月の多田修平(9秒94)のように、9秒台の時計は追い風参考記録でしか出ていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る