日本勢は参考記録止まり 100m9秒台の夢に近づく韓国選手

公開日: 更新日:

 中国の次は韓国かもしれない。

 27日に韓国で行われた「コリアオープン国際陸上大会」で、金国栄(26)が10秒07をマークした。金は2日前に10秒13の国内新記録を出しているから、たった2日で0・06秒も更新した。

 これまで韓国は陸上のトラック競技に有望な選手が育たず、100メートルの9秒台は夢のまた夢の話だった。それが金の急成長により、10秒の壁を破ることが現実味を帯びてきたのだ。

 アジアで100メートルの記録といえば、98年12月のアジア大会(バンコク)で伊東浩司が10秒00を出したことから、初の9秒台は「陸上が盛んな日本から記録が生まれるのは時間の問題」といわれていたし、国内の関係者もそう信じて疑わなかった。しかし、あれから19年を経ようかというのに、15年の桐生祥秀(9秒87)や今月の多田修平(9秒94)のように、9秒台の時計は追い風参考記録でしか出ていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る