弱点減り有力候補も不在 早実清宮「12球団1位」へ一直線

公開日: 更新日:

 早実の清宮幸太郎内野手が高校通算105号となる満塁本塁打を放った。

 17日の西東京大会4回戦の都芦花戦に「3番・一塁」で出場。七回1死満塁で迎えた5打席目、外角直球を逆らわずに押し込んだ打球は、左翼席に飛び込む満塁弾となった。早実は14―0の七回コールド勝ちで16強入りだ。

 清宮はこれで春の都大会からの公式戦連続試合本塁打を「7」に伸ばした。高校通算最多の107本まであと2本。5回戦(21日、対法政)から舞台は神宮球場に移る。

 清宮は引っ張った打球が圧倒的に多い。105本のうち、中堅から逆方向への本塁打はたったの5本しかない。そのうち3本は今年に入ってからのもの。「清宮の打撃に変化が見られる」とセ・リーグ球団のスカウトがこう言った。

「ボールをとらえるポイントが、少し近くなっています。ボールを長く見ようと意識しているように見えますね。そのため逆方向へ大きな打球が飛ぶようになったのではないか。基本的にはプルヒッターですけど、DeNAの筒香のように、逆方向へも放り込めれば、プロの評価はさらに上がりますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る