弱点減り有力候補も不在 早実清宮「12球団1位」へ一直線

公開日:

 早実の清宮幸太郎内野手が高校通算105号となる満塁本塁打を放った。

 17日の西東京大会4回戦の都芦花戦に「3番・一塁」で出場。七回1死満塁で迎えた5打席目、外角直球を逆らわずに押し込んだ打球は、左翼席に飛び込む満塁弾となった。早実は14―0の七回コールド勝ちで16強入りだ。

 清宮はこれで春の都大会からの公式戦連続試合本塁打を「7」に伸ばした。高校通算最多の107本まであと2本。5回戦(21日、対法政)から舞台は神宮球場に移る。

 清宮は引っ張った打球が圧倒的に多い。105本のうち、中堅から逆方向への本塁打はたったの5本しかない。そのうち3本は今年に入ってからのもの。「清宮の打撃に変化が見られる」とセ・リーグ球団のスカウトがこう言った。

「ボールをとらえるポイントが、少し近くなっています。ボールを長く見ようと意識しているように見えますね。そのため逆方向へ大きな打球が飛ぶようになったのではないか。基本的にはプルヒッターですけど、DeNAの筒香のように、逆方向へも放り込めれば、プロの評価はさらに上がりますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る