弱点減り有力候補も不在 早実清宮「12球団1位」へ一直線

公開日:

 早実の清宮幸太郎内野手が高校通算105号となる満塁本塁打を放った。

 17日の西東京大会4回戦の都芦花戦に「3番・一塁」で出場。七回1死満塁で迎えた5打席目、外角直球を逆らわずに押し込んだ打球は、左翼席に飛び込む満塁弾となった。早実は14―0の七回コールド勝ちで16強入りだ。

 清宮はこれで春の都大会からの公式戦連続試合本塁打を「7」に伸ばした。高校通算最多の107本まであと2本。5回戦(21日、対法政)から舞台は神宮球場に移る。

 清宮は引っ張った打球が圧倒的に多い。105本のうち、中堅から逆方向への本塁打はたったの5本しかない。そのうち3本は今年に入ってからのもの。「清宮の打撃に変化が見られる」とセ・リーグ球団のスカウトがこう言った。

「ボールをとらえるポイントが、少し近くなっています。ボールを長く見ようと意識しているように見えますね。そのため逆方向へ大きな打球が飛ぶようになったのではないか。基本的にはプルヒッターですけど、DeNAの筒香のように、逆方向へも放り込めれば、プロの評価はさらに上がりますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る