なぜいきなり? ロジャース先発に透ける金本監督の計算

公開日: 更新日:

 右脇腹筋挫傷で登録を抹消された糸井に代わって18日、一軍登録されたのが阪神の新外国人ジェイソン・ロジャース内野手(29)。

 同日の広島戦に3番一塁でスタメン出場。9点を追う八回、1点を返してなおも1死満塁で中前に2点適時打を放ったものの、安打はこの1本だけ。七回には平凡な一ゴロをトンネルする失策が失点につながったのだから、焼け石に水のタイムリーだった。

 金本監督は2日前、ロジャースの打撃練習を見て、「まだ、体ができていないみたい。振るキレや体のキレが出てくるまでは下(ファーム)で経験を積ませる」とコメントしたばかりだ。

 主力の糸井がケガで離脱したとはいえ、ファームには同じ外野手で3年目の江越もいる。金本監督が体もできていない新外国人を急きょ一軍に上げて、いきなりスタメン起用したのはなぜか。阪神OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る