なぜいきなり? ロジャース先発に透ける金本監督の計算

公開日:  更新日:

 右脇腹筋挫傷で登録を抹消された糸井に代わって18日、一軍登録されたのが阪神の新外国人ジェイソン・ロジャース内野手(29)。

 同日の広島戦に3番一塁でスタメン出場。9点を追う八回、1点を返してなおも1死満塁で中前に2点適時打を放ったものの、安打はこの1本だけ。七回には平凡な一ゴロをトンネルする失策が失点につながったのだから、焼け石に水のタイムリーだった。

 金本監督は2日前、ロジャースの打撃練習を見て、「まだ、体ができていないみたい。振るキレや体のキレが出てくるまでは下(ファーム)で経験を積ませる」とコメントしたばかりだ。

 主力の糸井がケガで離脱したとはいえ、ファームには同じ外野手で3年目の江越もいる。金本監督が体もできていない新外国人を急きょ一軍に上げて、いきなりスタメン起用したのはなぜか。阪神OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る