福留&鳥谷頼み卒業へ “若虎”高山がベテランを追いやる日

公開日:

 2位で前半戦を終えた阪神は首位広島に8ゲームの大差から優勝を狙うべく、後半戦から新外国人のロジャース(パイレーツ3A)とベテランの西岡が一軍に合流予定。起爆剤としての期待が高まっている。

 ただ、生え抜きの主力選手を育てるという大命題を抱える金本阪神にとって、この2人はあくまで、“前菜”というか、勝つ確率を上げるための一時的な応急処置でしかない。

 “主菜”になるのは向こう10年、中軸選手として働くことができるイキのいい若手。10年前の鳥谷のような存在である。今の阪神では、金本監督が自らドラフト戦略に関わって獲得した、昨年のドラフト1位の高山、今年のドラフト1位の大山(白鴎大)が「2大候補」といえるだろう。

 とはいえ、乗り越えなければいけない壁は高い。高山にとっては、左翼にコンバートされた福留であり、大山にとっては三塁を守る鳥谷ということになる。今の阪神における主力中の主力だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る