福留&鳥谷頼み卒業へ “若虎”高山がベテランを追いやる日

公開日:

 2位で前半戦を終えた阪神は首位広島に8ゲームの大差から優勝を狙うべく、後半戦から新外国人のロジャース(パイレーツ3A)とベテランの西岡が一軍に合流予定。起爆剤としての期待が高まっている。

 ただ、生え抜きの主力選手を育てるという大命題を抱える金本阪神にとって、この2人はあくまで、“前菜”というか、勝つ確率を上げるための一時的な応急処置でしかない。

 “主菜”になるのは向こう10年、中軸選手として働くことができるイキのいい若手。10年前の鳥谷のような存在である。今の阪神では、金本監督が自らドラフト戦略に関わって獲得した、昨年のドラフト1位の高山、今年のドラフト1位の大山(白鴎大)が「2大候補」といえるだろう。

 とはいえ、乗り越えなければいけない壁は高い。高山にとっては、左翼にコンバートされた福留であり、大山にとっては三塁を守る鳥谷ということになる。今の阪神における主力中の主力だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る