日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去にはV争い脱落も 金本監督に阪神もう続投要請の吉凶

「えらい早いけど、何かあったんか?」

 阪神OBからこんな声が出たのは14日。坂井オーナーがわざわざクラブハウスの金本監督を訪ね、来季続投を要請したのだ。

 今季の阪神は前年4位から前半戦を貯金7の2位ターン。就任2年目で若手の育成などチーム改革を進める金本監督を高く評価し、本来ならシーズン終了後に行う続投要請を前倒しして、さらに長期政権を託す姿勢を明らかにした。

「金本監督はドラフトの方針や糸井を獲得したFA補強を主導しているが、フロントの考えとすべて一致しているわけではない。さらにOBの中には外様出身の金本監督を面白く思っていない人たちもいる。期待の北條、原口ら若手が伸び悩んでいる上に、6月には8連敗を喫した。開幕当初は首位に立ちながら優勝を逃せば金本批判の声も出る。阪神の監督人事はOB、マスコミの声に左右され、時にお家騒動に発展してきた歴史がある。金本監督への信頼を強調すると同時に、雑音を封じようと先手を打ったのでしょう」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事