全英OP14位の松山「切り替えられず」 1番OBから意気消沈

公開日:

 追いかける方が先にコケたら勝負にならない。

 得意のスプーンを手にしながら、松山英樹(25)は1番パー4のティーショットを右に大きく曲げて、いきなりOBのトラブルに見舞われた。

 4アンダー・5位タイ発進の最終日は、単独首位のスピースとは7打の差があった。

 だが、メジャーは独特な雰囲気があり、ビッグネームでも守って楽々逃げ切りとはいかず、どこかで必ずドラマが起きる。

 実際、勝ったスピースも13番までに4つもスコアを崩してトップの座を一度明け渡している。

 最終組から2組前でプレーする松山が先にスコアを伸ばしていけば、後続組にプレッシャーをかけて、逆転優勝の目も少なからずあったはずだ。

 松山の今季メジャーは最終日に爆発しており、マスターズは67で回り、28位発進から11位フィニッシュ。全米オープンは66で回り、14位発進から自己ベスト2位と粘り強さがあった。今回も伸ばしてくる、と期待したファンは多かった。ところが初っぱなに崩れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る