日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全英OP14位の松山「切り替えられず」 1番OBから意気消沈

 追いかける方が先にコケたら勝負にならない。

 得意のスプーンを手にしながら、松山英樹(25)は1番パー4のティーショットを右に大きく曲げて、いきなりOBのトラブルに見舞われた。

 4アンダー・5位タイ発進の最終日は、単独首位のスピースとは7打の差があった。

 だが、メジャーは独特な雰囲気があり、ビッグネームでも守って楽々逃げ切りとはいかず、どこかで必ずドラマが起きる。

 実際、勝ったスピースも13番までに4つもスコアを崩してトップの座を一度明け渡している。

 最終組から2組前でプレーする松山が先にスコアを伸ばしていけば、後続組にプレッシャーをかけて、逆転優勝の目も少なからずあったはずだ。

 松山の今季メジャーは最終日に爆発しており、マスターズは67で回り、28位発進から11位フィニッシュ。全米オープンは66で回り、14位発進から自己ベスト2位と粘り強さがあった。今回も伸ばしてくる、と期待したファンは多かった。ところが初っぱなに崩れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事