2日目は首位と6打差に後退…松山英樹がハマった17番の罠

公開日: 更新日:

【全英オープン 2日目】

 首位と3打差、2アンダー12位発進の松山英樹(25)が17番(パー5)の罠にはまった。

 スタート時の2アンダーにスコアを戻して迎えた17番。ドライバーで打った第1打を左セミラフへ。第2打は目の前のマウンドが邪魔になりグリーンは見えない。いったんマウンドに登ってグリーン方向を確認しアイアンで狙ったボールは左サイドのブッシュの中に入ってしまう。松山はアンプレアブルを宣言せず、木の枝の中に背中だけ入れて脱出を試みたが、テークバックがとれない状態から打ち出されたボールは約7メートル前方の舗装されていないカート道に転がっただけ。ピンまで約100ヤードの第4打はグリーン奥に転がり落ち、第5打はピンを6メートルオーバーと寄らず、ボギーパットも外す。この大会初のダブルボギーでイーブンパーまでスコアを落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る