• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連敗ストップでゲン担ぎも…連勝には遠いヤクルトの窮状

 23日、阪神戦の試合前のことだ。神宮球場のブルペンにイラストが飾られた。絵がうまいと評判の徳山(28)が描いたもので、一昨年のリーグ優勝時にもブルペンに貼られていた。その徳山が前日、一軍に昇格して連敗が「14」でストップしたこともあり、球団スタッフがゲンを担いだのだ。

 真中監督は「また、(悪い)記録をつくらないように頑張りますよ。ほら、『何度目の2ケタ連敗』とかあったでしょ」と言った。

 ヤクルトはこれまで2ケタ連敗が2度。1シーズン3度目の2ケタ連敗となるようなら、16連敗の球団記録をつくった1970年以来。そうならないように頑張ると、前日に先制2ランを放った山田(25)を、2試合続けて4番で起用した。こちらもゲンを担いだようなものだ。

 しかし、連勝は遠かった。

 救援から先発に再転向した小川が阪神の先発メッセンジャーに来日初となる本塁打を浴び、打線はそのメッセの前に8回12三振に抑えられて完封負け。

 試合後のクラブハウス前では「また、連敗の始まりか!」というヤジが飛んだ。

 報道陣から連勝できなかったがと問われた真中監督は、「ひとつひとつやっていくしかないですね」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る