連敗ストップでゲン担ぎも…連勝には遠いヤクルトの窮状

公開日: 更新日:

 23日、阪神戦の試合前のことだ。神宮球場のブルペンにイラストが飾られた。絵がうまいと評判の徳山(28)が描いたもので、一昨年のリーグ優勝時にもブルペンに貼られていた。その徳山が前日、一軍に昇格して連敗が「14」でストップしたこともあり、球団スタッフがゲンを担いだのだ。

 真中監督は「また、(悪い)記録をつくらないように頑張りますよ。ほら、『何度目の2ケタ連敗』とかあったでしょ」と言った。

 ヤクルトはこれまで2ケタ連敗が2度。1シーズン3度目の2ケタ連敗となるようなら、16連敗の球団記録をつくった1970年以来。そうならないように頑張ると、前日に先制2ランを放った山田(25)を、2試合続けて4番で起用した。こちらもゲンを担いだようなものだ。

 しかし、連勝は遠かった。

 救援から先発に再転向した小川が阪神の先発メッセンジャーに来日初となる本塁打を浴び、打線はそのメッセの前に8回12三振に抑えられて完封負け。

 試合後のクラブハウス前では「また、連敗の始まりか!」というヤジが飛んだ。

 報道陣から連勝できなかったがと問われた真中監督は、「ひとつひとつやっていくしかないですね」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る