連敗ストップでゲン担ぎも…連勝には遠いヤクルトの窮状

公開日: 更新日:

 23日、阪神戦の試合前のことだ。神宮球場のブルペンにイラストが飾られた。絵がうまいと評判の徳山(28)が描いたもので、一昨年のリーグ優勝時にもブルペンに貼られていた。その徳山が前日、一軍に昇格して連敗が「14」でストップしたこともあり、球団スタッフがゲンを担いだのだ。

 真中監督は「また、(悪い)記録をつくらないように頑張りますよ。ほら、『何度目の2ケタ連敗』とかあったでしょ」と言った。

 ヤクルトはこれまで2ケタ連敗が2度。1シーズン3度目の2ケタ連敗となるようなら、16連敗の球団記録をつくった1970年以来。そうならないように頑張ると、前日に先制2ランを放った山田(25)を、2試合続けて4番で起用した。こちらもゲンを担いだようなものだ。

 しかし、連勝は遠かった。

 救援から先発に再転向した小川が阪神の先発メッセンジャーに来日初となる本塁打を浴び、打線はそのメッセの前に8回12三振に抑えられて完封負け。

 試合後のクラブハウス前では「また、連敗の始まりか!」というヤジが飛んだ。

 報道陣から連勝できなかったがと問われた真中監督は、「ひとつひとつやっていくしかないですね」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る