泥沼13連敗にもヤクルト小川SD「真中監督の休養はない」

公開日:

 19日、ヤクルトがDeNAに逆転負けを喫して13連敗。試合後、「選手たちは目いっぱいプレーした結果。前を向いて戦うしかない」という指揮官の言葉に力はなかった。

 一部の過激なファンから上がる、監督・コーチの退陣を求める声は勢いを増している。2010年に当時の高田監督(現DeNA・GM)が成績不振を理由に途中休養。小川ヘッドコーチ(現ヤクルトSD)が代行を務めるや、破竹の快進撃を見せた例があるから、「夢をもう一度」と願うファンがいるのは確かだ。

 が、本紙が小川SDに聞くと、きっぱりとこう言った。

「もちろん、このまま(真中監督に)任せる予定ですよ。最後までやってもらう。今はケガ人のこともあるし、どこに責任がある、というのも難しい。厳しい状況は続いているけど、何とかやってもらうしかない」

 21日からの阪神戦で3連敗を食らえば球団ワーストの16連敗に並ぶ。それでも、2年前に前年の最下位からリーグ優勝を果たした真中監督に対する球団の信頼は、まだ揺らいでいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る