47年ぶり12連敗の屈辱…燕投手コーチ「割り切っていく」

公開日: 更新日:

 47年ぶりの屈辱だ。

 ヤクルトは18日のDeNA戦で3安打の完封負け。これで引き分けを挟んで70年以来となる12連敗。同年の球団ワースト記録(16連敗)も見えてきた。

 今季9度目の零封負けを喫した真中監督は「序盤からチャンスがつくれなかった。ゼロですからね。勝ち目ないですよね」とため息をつくしかなかった。

 低迷の主因は多発する主力野手のケガだ。著しい打力の低下により、チーム打率(.230)、本塁打(47本)、得点(273)は、いずれもリーグワースト。杉村チーフ打撃コーチは「ここ2試合、点が取れなくてピッチャー陣に申し訳ない」と投手陣への謝罪を口にしたが、こんな貧打線では投手陣も苦しい投球を強いられる。1点も与えられないという重圧から厳しいコースを突く投球が増える。それがボールと判定され、カウントを悪くして崩れるケースが多々ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る