日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

47年ぶり12連敗の屈辱…燕投手コーチ「割り切っていく」

 47年ぶりの屈辱だ。

 ヤクルトは18日のDeNA戦で3安打の完封負け。これで引き分けを挟んで70年以来となる12連敗。同年の球団ワースト記録(16連敗)も見えてきた。

 今季9度目の零封負けを喫した真中監督は「序盤からチャンスがつくれなかった。ゼロですからね。勝ち目ないですよね」とため息をつくしかなかった。

 低迷の主因は多発する主力野手のケガだ。著しい打力の低下により、チーム打率(.230)、本塁打(47本)、得点(273)は、いずれもリーグワースト。杉村チーフ打撃コーチは「ここ2試合、点が取れなくてピッチャー陣に申し訳ない」と投手陣への謝罪を口にしたが、こんな貧打線では投手陣も苦しい投球を強いられる。1点も与えられないという重圧から厳しいコースを突く投球が増える。それがボールと判定され、カウントを悪くして崩れるケースが多々ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事