• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバル不在 横綱白鵬39度目Vで“モンゴル時代”再び到来

 横綱白鵬(32)の増長に、いよいよ拍車がかかってきた。

 39回目の優勝を達成した23日は、インタビューでいきなり、

「名古屋のみなさん、サン、キュー!」

 と優勝回数を掛け合わせた、つまらないダジャレ。さらに「名古屋場所は今年で60年記念大会。昭和33年のこの場所で初代若乃花が優勝しまして……」と話すと、モンゴルを訪れた初代若乃花にお菓子をもらったエピソードを披露した。「それが『うまい棒』でした」と締めたが、結局何を言いたかったのか。

 やりたい放題、言いたい放題の白鵬に、今や怖いものなどない。今年1月場所後は稀勢の里(31)が横綱、5月場所後はその弟弟子の高安(27)が大関に昇進。日本出身力士が立て続けに出世したことで白鵬らモンゴル勢は話題にも上らなくなったが、状況はすっかり以前に逆戻りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る