• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

張り差し失敗で大記録に足踏み 白鵬は“省エネ相撲”が裏目

 横綱白鵬(32)が大記録を前に墓穴を掘った。19日の11日目は、勝てば魁皇(現浅香山親方)が打ち立てた歴代1位の通算1047勝に並ぶという大一番。ところが、開始数秒であっけなく土俵を割った。

 立ち合いで御嶽海(24)に張り差しを仕掛けたものの、構わず踏み込まれてまわしを取られ、何もできないまま寄り切られた。

 結びの一番の大波乱に座布団は舞い、今場所初黒星の白鵬はぶぜんとした表情で花道を引き揚げた。

 NHKのラジオ解説を務めた北の富士(元横綱)は、「白鵬は御嶽海の速攻を警戒していた」と解説。だからこそ、得意の張り差しで出足を止めようと思ったのだろうが、裏目に出た。

 最近の白鵬はエルボーに代わって、立ち合いで張り差しをすることが多い。技は違えど、目的はいずれも同じ。体力が衰えているだけに、打撃技で相手をひるませてから自分の型に持ち込もうという、疲れない「省エネ相撲」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る