ボクシング相撲で記録達成 白鵬“勝てば官軍”に好角家苦言

公開日: 更新日:

 これが大記録を達成した横綱の相撲なのか。

 12日目の玉鷲(32)戦に勝利し、魁皇(現浅香山親方)の持つ歴代1位の通算1047勝に並んだ横綱白鵬(32)。記念すべきこの日の相撲はしかし、とても褒められたものではなかった。立ち合いで左の張り、右のかち上げと普段通りの荒っぽい相撲を仕掛けると、「勝てば何でもいいんだ」と言わんばかりに左右のワンツービンタ。玉鷲を流血させた末に、最後は寄り切った。

 好角家の菅野宏三氏(ビジネス評論家)は「『これが横綱だ』というものが何もない、ひどい相撲でした」と、こう続ける。

「確かに玉鷲は勢いのある力士だし、前日に土がついた白鵬も連敗したくなかったのでしょう。ただ、そうだとしても受けて立つのが横綱の相撲じゃないですか。この日の相撲は、まるでボクシングですよ。そもそも、横綱とは数字だけでは語れない存在のはず。かつて大横綱と呼ばれた人たちは、王道の横綱相撲を取っていたからこそ尊敬された。土俵上でムキになって相手にビンタなんて、少なくとも大鵬はやらなかった。白鵬は大鵬を尊敬していると言っているようですが、ならば相撲の取り口自体も見習ってほしいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る