日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボクシング相撲で記録達成 白鵬“勝てば官軍”に好角家苦言

 これが大記録を達成した横綱の相撲なのか。

 12日目の玉鷲(32)戦に勝利し、魁皇(現浅香山親方)の持つ歴代1位の通算1047勝に並んだ横綱白鵬(32)。記念すべきこの日の相撲はしかし、とても褒められたものではなかった。立ち合いで左の張り、右のかち上げと普段通りの荒っぽい相撲を仕掛けると、「勝てば何でもいいんだ」と言わんばかりに左右のワンツービンタ。玉鷲を流血させた末に、最後は寄り切った。

 好角家の菅野宏三氏(ビジネス評論家)は「『これが横綱だ』というものが何もない、ひどい相撲でした」と、こう続ける。

「確かに玉鷲は勢いのある力士だし、前日に土がついた白鵬も連敗したくなかったのでしょう。ただ、そうだとしても受けて立つのが横綱の相撲じゃないですか。この日の相撲は、まるでボクシングですよ。そもそも、横綱とは数字だけでは語れない存在のはず。かつて大横綱と呼ばれた人たちは、王道の横綱相撲を取っていたからこそ尊敬された。土俵上でムキになって相手にビンタなんて、少なくとも大鵬はやらなかった。白鵬は大鵬を尊敬していると言っているようですが、ならば相撲の取り口自体も見習ってほしいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事