• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

嘉風しっかり対策 大関・高安がハマった“かち上げ”の快感

 嘉風の言葉に倣えば、まさしく「心の勉強」ということだ。

 新大関の高安(27)が17日の9日目、初日以来の黒星を喫した。

 立ち合いで得意のかち上げを仕掛けたものの、上体が伸びきり、嘉風に左まわしを許して劣勢に。一度は切った左まわしを再び取られ、なす術もなく寄り切られた。

 高安のかち上げは白鵬のエルボーまがいのそれとは違い、相手の上体を起こすために繰り出す正統派のかち上げだが、ある時期を境に本来の目的とは別の形で多用するようになった。

 ある親方は「あの一発が快感になったのかな」と、こう続ける。

「今年1月場所、立ち合いのかち上げで白鵬を跳ね飛ばして勝った。最強の横綱を寄せ付けなかったんだから、相当気分が良かったのだろう。それ以降、『相手を吹っ飛ばしてやろう』と思っているのか、かち上げの時に必要以上に力が入っている。そうなると上体が伸びてしまい、この日のように隙をつくってしまう。言ってみれば『麻雀でたまたまアガった役満の快感を忘れられず、大物手ばかり狙う』ようなもの。そもそも1月場所の白鵬は右足親指を痛めており、万全ではなかったのに……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る