• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

嘉風しっかり対策 大関・高安がハマった“かち上げ”の快感

 嘉風の言葉に倣えば、まさしく「心の勉強」ということだ。

 新大関の高安(27)が17日の9日目、初日以来の黒星を喫した。

 立ち合いで得意のかち上げを仕掛けたものの、上体が伸びきり、嘉風に左まわしを許して劣勢に。一度は切った左まわしを再び取られ、なす術もなく寄り切られた。

 高安のかち上げは白鵬のエルボーまがいのそれとは違い、相手の上体を起こすために繰り出す正統派のかち上げだが、ある時期を境に本来の目的とは別の形で多用するようになった。

 ある親方は「あの一発が快感になったのかな」と、こう続ける。

「今年1月場所、立ち合いのかち上げで白鵬を跳ね飛ばして勝った。最強の横綱を寄せ付けなかったんだから、相当気分が良かったのだろう。それ以降、『相手を吹っ飛ばしてやろう』と思っているのか、かち上げの時に必要以上に力が入っている。そうなると上体が伸びてしまい、この日のように隙をつくってしまう。言ってみれば『麻雀でたまたまアガった役満の快感を忘れられず、大物手ばかり狙う』ようなもの。そもそも1月場所の白鵬は右足親指を痛めており、万全ではなかったのに……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る