嘉風しっかり対策 大関・高安がハマった“かち上げ”の快感

公開日:  更新日:

 嘉風の言葉に倣えば、まさしく「心の勉強」ということだ。

 新大関の高安(27)が17日の9日目、初日以来の黒星を喫した。

 立ち合いで得意のかち上げを仕掛けたものの、上体が伸びきり、嘉風に左まわしを許して劣勢に。一度は切った左まわしを再び取られ、なす術もなく寄り切られた。

 高安のかち上げは白鵬のエルボーまがいのそれとは違い、相手の上体を起こすために繰り出す正統派のかち上げだが、ある時期を境に本来の目的とは別の形で多用するようになった。

 ある親方は「あの一発が快感になったのかな」と、こう続ける。

「今年1月場所、立ち合いのかち上げで白鵬を跳ね飛ばして勝った。最強の横綱を寄せ付けなかったんだから、相当気分が良かったのだろう。それ以降、『相手を吹っ飛ばしてやろう』と思っているのか、かち上げの時に必要以上に力が入っている。そうなると上体が伸びてしまい、この日のように隙をつくってしまう。言ってみれば『麻雀でたまたまアガった役満の快感を忘れられず、大物手ばかり狙う』ようなもの。そもそも1月場所の白鵬は右足親指を痛めており、万全ではなかったのに……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る