1048勝達成し帰化にも前向き 横綱白鵬の「次なる野望」

公開日:

 あっさりと記録を塗り替えた。

 21日、横綱白鵬(32)が厳しい相撲で新大関の高安を一蹴し、歴代単独トップの通算1048勝を達成。早ければきょう22日にも39度目の優勝が決まる。

 取組直後のインタビューでは、「満足しています。口にしていればかなうもんだなと」と満面の笑みを見せた白鵬は、大相撲の主な記録をほとんど塗り替えた。通算1048勝はもとより、幕内に限った通算954勝も歴代1位。優勝38回、全勝優勝13回は群を抜いており、7場所連続優勝もトップタイだ。大横綱・双葉山の69連勝には届かなかったが、こればかりはもはや無理だろう。

 そんな白鵬もついに日本に帰化すべく動いているという。これまでは国籍を変更せずに親方になる道を模索していた。ただ、親方になるには日本国籍が必須。白鵬はすでに永住権を取得しており、「国籍がなくても……」と思っていたのだろうが、相撲協会の断固とした反対もあり、国籍取得の準備に踏み切ったというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る