都市対抗で橋戸賞 NTT東日本・福田周平のスカウト評は?

公開日: 更新日:

 169センチ、69キロ――。小兵のチャンスメーカーが栄誉を勝ち取った。

 25日の都市対抗決勝は、NTT東日本が日本通運を下して36年ぶり2度目の優勝。MVPにあたる橋戸賞には入社3年目の福田周平(24)が選ばれた。打っては打率.550、遊撃守備でも優勝に貢献した。

 俊足巧打がウリで、明大時代は大学日本代表の主将を務めるほどだったが、力強さに欠けるところがあり、ドラフト指名対象になった昨年は指名漏れとなっていた。

 もっとも、この橋戸賞獲得によって評価が上増しされるはず。

「今年はただでさえ高校、大学が不作傾向で、しかも有力な高校生は大学へ進学するのが多い。足があって守れる遊撃手はどこも欲しい。福田にもチャンスがあるでしょう」

 とは、あるセ球団のスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る