3年ぶりの白星 楽天・久保が足を向けて寝られない人物

公開日: 更新日:

 言葉に詰まった。久しぶりのお立ち台。いろいろな思いがあるのでは? と聞かれ、しばしの沈黙ののち、「……そうですね」と絞り出した。

 楽天の久保が、23日のオリックス戦で実に1040日ぶりの勝利投手に。九回に登板して三者凡退に片づけると、その裏にアマダーのサヨナラ本塁打が飛び出した。

 2002年にドラフト自由枠で巨人に入団。先発、中継ぎとなんでもこなし、11年には守護神として20セーブを挙げた。年俸は1億5000万円にまで昇給。なくてはならない存在になったが、11年に股関節手術、12年に肘靱帯再建手術に踏み切ると、巨人はシビアだった。14年に48試合登板と復活しながら、15年は一軍登板ゼロ。オフに戦力外通告を受け、DeNAに拾われたものの、そのDeNAにも1年でクビを切られた。

「実績のない若手に交じってトライアウトを受けたが、欲しいと手を挙げる球団は現れない。そこで、久保が頼ったのが楽天の星野仙一副会長でした。星野副会長と直接連絡できるような付き合いはなかったが、2人には共通の知り合いがいた。久保はワラをもつかむ思いで、その知人を通じて現役続行の強い気持ちを伝え、春季キャンプで入団テストの機会をつくってもらったのです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る