3年ぶりの白星 楽天・久保が足を向けて寝られない人物

公開日: 更新日:

 言葉に詰まった。久しぶりのお立ち台。いろいろな思いがあるのでは? と聞かれ、しばしの沈黙ののち、「……そうですね」と絞り出した。

 楽天の久保が、23日のオリックス戦で実に1040日ぶりの勝利投手に。九回に登板して三者凡退に片づけると、その裏にアマダーのサヨナラ本塁打が飛び出した。

 2002年にドラフト自由枠で巨人に入団。先発、中継ぎとなんでもこなし、11年には守護神として20セーブを挙げた。年俸は1億5000万円にまで昇給。なくてはならない存在になったが、11年に股関節手術、12年に肘靱帯再建手術に踏み切ると、巨人はシビアだった。14年に48試合登板と復活しながら、15年は一軍登板ゼロ。オフに戦力外通告を受け、DeNAに拾われたものの、そのDeNAにも1年でクビを切られた。

「実績のない若手に交じってトライアウトを受けたが、欲しいと手を挙げる球団は現れない。そこで、久保が頼ったのが楽天の星野仙一副会長でした。星野副会長と直接連絡できるような付き合いはなかったが、2人には共通の知り合いがいた。久保はワラをもつかむ思いで、その知人を通じて現役続行の強い気持ちを伝え、春季キャンプで入団テストの機会をつくってもらったのです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  4. 4

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  5. 5

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  6. 6

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  9. 9

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

  10. 10

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る