シアトルで奮闘 川澄奈穂美の強みは「絶妙なベテラン感」

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンが27日から戦う「トーナメント オブ ネーションズ」の初戦(ブラジル代表戦)が行われる米国シアトルで奮闘している選手がいる。FW川澄奈穂美(31)である。

 優勝した2011年ドイツ女子W杯から、なでしこジャパンの攻撃力を担ってきた。16年6月、INAC神戸から米国女子サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインに完全移籍。今季のシアトルは多彩な攻撃力でリーグ最多ゴールを量産し、現在は3位につけている。

 米国代表のスター選手であるFWラピノーの得点力の高さは言うまでもないが、シアトルの攻撃に川澄は欠かせない。

 第15節(22日)、5位のシアトルは3位のスカイブルーをホームに迎えた。先制したシアトルは怒涛の4ゴールを奪取した後、まさかの4連続失点。87分にFWラピノーが決勝弾を叩き込んで激戦を制した。川澄は3トップの右でフル出場。逆サイドのラピノーと好連係を見せ、INACでともにプレーしたFWヤネズのゴールアシストと大活躍。あらゆる攻撃局面に顔をのぞかせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る