シアトルで奮闘 川澄奈穂美の強みは「絶妙なベテラン感」

公開日:

 なでしこジャパンが27日から戦う「トーナメント オブ ネーションズ」の初戦(ブラジル代表戦)が行われる米国シアトルで奮闘している選手がいる。FW川澄奈穂美(31)である。

 優勝した2011年ドイツ女子W杯から、なでしこジャパンの攻撃力を担ってきた。16年6月、INAC神戸から米国女子サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインに完全移籍。今季のシアトルは多彩な攻撃力でリーグ最多ゴールを量産し、現在は3位につけている。

 米国代表のスター選手であるFWラピノーの得点力の高さは言うまでもないが、シアトルの攻撃に川澄は欠かせない。

 第15節(22日)、5位のシアトルは3位のスカイブルーをホームに迎えた。先制したシアトルは怒涛の4ゴールを奪取した後、まさかの4連続失点。87分にFWラピノーが決勝弾を叩き込んで激戦を制した。川澄は3トップの右でフル出場。逆サイドのラピノーと好連係を見せ、INACでともにプレーしたFWヤネズのゴールアシストと大活躍。あらゆる攻撃局面に顔をのぞかせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る