日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シアトルで奮闘 川澄奈穂美の強みは「絶妙なベテラン感」

 なでしこジャパンが27日から戦う「トーナメント オブ ネーションズ」の初戦(ブラジル代表戦)が行われる米国シアトルで奮闘している選手がいる。FW川澄奈穂美(31)である。

 優勝した2011年ドイツ女子W杯から、なでしこジャパンの攻撃力を担ってきた。16年6月、INAC神戸から米国女子サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインに完全移籍。今季のシアトルは多彩な攻撃力でリーグ最多ゴールを量産し、現在は3位につけている。

 米国代表のスター選手であるFWラピノーの得点力の高さは言うまでもないが、シアトルの攻撃に川澄は欠かせない。

 第15節(22日)、5位のシアトルは3位のスカイブルーをホームに迎えた。先制したシアトルは怒涛の4ゴールを奪取した後、まさかの4連続失点。87分にFWラピノーが決勝弾を叩き込んで激戦を制した。川澄は3トップの右でフル出場。逆サイドのラピノーと好連係を見せ、INACでともにプレーしたFWヤネズのゴールアシストと大活躍。あらゆる攻撃局面に顔をのぞかせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事