欧州遠征で“2つの顔” MF中島依美になでしこの今後を見た

公開日: 更新日:

 オランダ、ベルギーと戦った欧州遠征を1勝1分けで終えたなでしこジャパン。高倉麻子監督が目指すのは「ポジションのないサッカー」だ。

 今回は特に攻撃力向上に取り組み、システムもベルギー戦では初めての3バックに挑戦した。

 FW横山久美(AC長野)、FW菅沢優依香(浦和)らのゴールもあったが、日本が主導権を握ることの多い前半に決定的な場面をつくり出せないジレンマにも陥った。

「自分のプレーしか出来ていない」と指揮官も厳しい表情。日本の生命線は「連動」。横パスをつなぐだけではパターン化し、崩し切れなくなるのも当然のことだった。

 そんな中、この2試合で全く異なる動きを見せたのがMF中島依美(INAC神戸)だった。

 オランダ戦では左のサイドハーフとして、クロスや中へ切り込んでのシュートとキレのあるプレーを見せた。ベルギー戦では右のウイングとして、守っては最終ラインで守備をこなし、攻撃に転じれば右サイドを一気に駆け上がり、次々にチャンスを生み出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る