欧州遠征で“2つの顔” MF中島依美になでしこの今後を見た

公開日:  更新日:

 オランダ、ベルギーと戦った欧州遠征を1勝1分けで終えたなでしこジャパン。高倉麻子監督が目指すのは「ポジションのないサッカー」だ。

 今回は特に攻撃力向上に取り組み、システムもベルギー戦では初めての3バックに挑戦した。

 FW横山久美(AC長野)、FW菅沢優依香(浦和)らのゴールもあったが、日本が主導権を握ることの多い前半に決定的な場面をつくり出せないジレンマにも陥った。

「自分のプレーしか出来ていない」と指揮官も厳しい表情。日本の生命線は「連動」。横パスをつなぐだけではパターン化し、崩し切れなくなるのも当然のことだった。

 そんな中、この2試合で全く異なる動きを見せたのがMF中島依美(INAC神戸)だった。

 オランダ戦では左のサイドハーフとして、クロスや中へ切り込んでのシュートとキレのあるプレーを見せた。ベルギー戦では右のウイングとして、守っては最終ラインで守備をこなし、攻撃に転じれば右サイドを一気に駆け上がり、次々にチャンスを生み出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る