欧州遠征で“2つの顔” MF中島依美になでしこの今後を見た

公開日: 更新日:

 オランダ、ベルギーと戦った欧州遠征を1勝1分けで終えたなでしこジャパン。高倉麻子監督が目指すのは「ポジションのないサッカー」だ。

 今回は特に攻撃力向上に取り組み、システムもベルギー戦では初めての3バックに挑戦した。

 FW横山久美(AC長野)、FW菅沢優依香(浦和)らのゴールもあったが、日本が主導権を握ることの多い前半に決定的な場面をつくり出せないジレンマにも陥った。

「自分のプレーしか出来ていない」と指揮官も厳しい表情。日本の生命線は「連動」。横パスをつなぐだけではパターン化し、崩し切れなくなるのも当然のことだった。

 そんな中、この2試合で全く異なる動きを見せたのがMF中島依美(INAC神戸)だった。

 オランダ戦では左のサイドハーフとして、クロスや中へ切り込んでのシュートとキレのあるプレーを見せた。ベルギー戦では右のウイングとして、守っては最終ラインで守備をこなし、攻撃に転じれば右サイドを一気に駆け上がり、次々にチャンスを生み出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る