日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転劇にがっかり 浦和“J2降格”を他クラブが待ち望むワケ

 9日のJリーグで浦和が最下位に低迷する新潟を破り、かろうじてクビは回避できた。5日の川崎戦で大敗した後、成績不振を理由に「新潟戦から、連勝できなかったら(最初に)私がチームから出て行く」と明言していたペトロビッチ監督が、何とか辞表を出さなくて済んだからである。

 試合は前半35分に5連敗中の新潟が先制。しかし、浦和がここから粘りを見せて1―1の同点から後半34分、FWラファエル・シルバが右足で劇的逆転弾。勝ち点3をゲットした。

「この試合結果にガッカリしていたのが、J2に所属する各クラブの営業担当です」と某サッカーライターがこう続ける。

「浦和はJでダントツの観客動員力を誇り、アウェーに大挙して押し寄せるサポーターも多い。J2は、たとえば都市圏の調布市が本拠地の東京Vでも、4000人前後の観客数に悩まされ、それこそ6、7000人で徒党を組んでやってくる浦和の“熱い”サポーターが、ノドから手が出るほど欲しい。負けが込んでペトロビッチ監督が解任され、後任監督が就いてもチーム状況が、なかなか上向かずにJ2降格――となることをJ2のクラブ関係者は願ってる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事