今季すでに145奪三振 楽天・則本「野茂超え」の可能性は

公開日:

 可能性はある。

 楽天の則本は26日のソフトバンク戦に先発。8回5安打1失点に抑えてハーラートップの10勝目を挙げた。

「四回の1点でしのげたのがよかった。五回以降はコーチのアドバイスもあって試合の中でフォームを修正した。(久々の2ケタ奪三振だが?)投げるのは八回までだと思っていたので、七、八回は全力でいきました」(則本)

 プロ入りから5年連続の2ケタ勝利に通算60勝。同時に今季9度目の2ケタ奪三振(11個)を記録した。

 則本は2014年から3年連続で奪三振のタイトルを取っている。最多は昨季の216個。それでも、平成の奪三振王こと野茂英雄の287個(近鉄時代の1990、91年)には遠く及ばない。

 則本は例年27~30試合に登板しているが、今季マウンドに上がるのは、おそらくあと10試合程度(年間25試合)ではないか。現在の奪三振数は145。奪三振率(1試合9回投げた時の三振数)は11.97。仮に残り10試合で毎回12個の三振を奪えば120個。今季通算は265となる。それでは野茂は超えられない。登板数か、1試合当たりの奪三振を増やさなければ287の到達は厳しい。とはいえ、たかが22個ぐらいなら何とかならないか。

 ちなみに、野茂が287個の三振を奪った90年の投球回数は29試合(先発27)で235回。91年は31試合(同29)で242回3分の1だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る