今季すでに145奪三振 楽天・則本「野茂超え」の可能性は

公開日:

 可能性はある。

 楽天の則本は26日のソフトバンク戦に先発。8回5安打1失点に抑えてハーラートップの10勝目を挙げた。

「四回の1点でしのげたのがよかった。五回以降はコーチのアドバイスもあって試合の中でフォームを修正した。(久々の2ケタ奪三振だが?)投げるのは八回までだと思っていたので、七、八回は全力でいきました」(則本)

 プロ入りから5年連続の2ケタ勝利に通算60勝。同時に今季9度目の2ケタ奪三振(11個)を記録した。

 則本は2014年から3年連続で奪三振のタイトルを取っている。最多は昨季の216個。それでも、平成の奪三振王こと野茂英雄の287個(近鉄時代の1990、91年)には遠く及ばない。

 則本は例年27~30試合に登板しているが、今季マウンドに上がるのは、おそらくあと10試合程度(年間25試合)ではないか。現在の奪三振数は145。奪三振率(1試合9回投げた時の三振数)は11.97。仮に残り10試合で毎回12個の三振を奪えば120個。今季通算は265となる。それでは野茂は超えられない。登板数か、1試合当たりの奪三振を増やさなければ287の到達は厳しい。とはいえ、たかが22個ぐらいなら何とかならないか。

 ちなみに、野茂が287個の三振を奪った90年の投球回数は29試合(先発27)で235回。91年は31試合(同29)で242回3分の1だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る