今季すでに145奪三振 楽天・則本「野茂超え」の可能性は

公開日: 更新日:

 可能性はある。

 楽天の則本は26日のソフトバンク戦に先発。8回5安打1失点に抑えてハーラートップの10勝目を挙げた。

「四回の1点でしのげたのがよかった。五回以降はコーチのアドバイスもあって試合の中でフォームを修正した。(久々の2ケタ奪三振だが?)投げるのは八回までだと思っていたので、七、八回は全力でいきました」(則本)

 プロ入りから5年連続の2ケタ勝利に通算60勝。同時に今季9度目の2ケタ奪三振(11個)を記録した。

 則本は2014年から3年連続で奪三振のタイトルを取っている。最多は昨季の216個。それでも、平成の奪三振王こと野茂英雄の287個(近鉄時代の1990、91年)には遠く及ばない。

 則本は例年27~30試合に登板しているが、今季マウンドに上がるのは、おそらくあと10試合程度(年間25試合)ではないか。現在の奪三振数は145。奪三振率(1試合9回投げた時の三振数)は11.97。仮に残り10試合で毎回12個の三振を奪えば120個。今季通算は265となる。それでは野茂は超えられない。登板数か、1試合当たりの奪三振を増やさなければ287の到達は厳しい。とはいえ、たかが22個ぐらいなら何とかならないか。

 ちなみに、野茂が287個の三振を奪った90年の投球回数は29試合(先発27)で235回。91年は31試合(同29)で242回3分の1だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る