日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実・清宮の進路 後輩部員が「進学よりプロ」切望の根拠

「清宮さんはあれだけ注目されているのに、接しやすくて向こうからもよく声をかけてくれます。野球よりも、日常生活で相談に乗ってもらうこともあって、とても優しい先輩です。早くプロに入って活躍してほしいと思っています」

 25日、日本学園を破って2年ぶりにベスト4進出を決めた早実の清宮幸太郎(3年)についてこう言うのは、後輩の野球部員のひとりだ。

 早実は卒業生の約97%が早大に進学する。野球部員もしかり。早実から直接プロ入りしたのは1983年の板倉賢司(大洋ドラフト3位)、上福元勤(巨人ドラフト6位)が最後だ。

 にもかかわらず、身近な野球部員が「進学でなくプロに入ってほしい」と言うのは、技術面はもちろん、人間的にも即プロでやっていけるくらいの懐の深さを持ち合わせているからではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事