• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実・清宮の進路 後輩部員が「進学よりプロ」切望の根拠

「清宮さんはあれだけ注目されているのに、接しやすくて向こうからもよく声をかけてくれます。野球よりも、日常生活で相談に乗ってもらうこともあって、とても優しい先輩です。早くプロに入って活躍してほしいと思っています」

 25日、日本学園を破って2年ぶりにベスト4進出を決めた早実の清宮幸太郎(3年)についてこう言うのは、後輩の野球部員のひとりだ。

 早実は卒業生の約97%が早大に進学する。野球部員もしかり。早実から直接プロ入りしたのは1983年の板倉賢司(大洋ドラフト3位)、上福元勤(巨人ドラフト6位)が最後だ。

 にもかかわらず、身近な野球部員が「進学でなくプロに入ってほしい」と言うのは、技術面はもちろん、人間的にも即プロでやっていけるくらいの懐の深さを持ち合わせているからではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る