早実との決勝は“ヒール”覚悟 東海大菅生・若林監督の秘策

公開日:  更新日:

「2年前は逆転負けをして、『日本一空気を読む監督』と言われた。今年は空気を読まずに勝たせてもらう」

 そう話したのは東海大菅生の若林弘泰監督(51)だ。28日、西東京大会の準決勝で日大二を破って4年連続の決勝進出。早実への“挑戦権”を手にした。

 早実との因縁は冒頭の「2年前」。15年の決勝で八回に5点差をひっくり返され、逆転負けを喫した。そのトラウマに追い打ちをかけるのが、肥大化する早実フィーバーだ。

 早実が勝ち進むたびに報道陣はネズミ算式に増加した。この日の第1試合、早実と八王子学園八王子との試合には、46社240人のマスコミが集結。スタンドにも1万7000人の観衆が駆け付けた。七回に清宮幸太郎が最多記録に並ぶ高校通算107号本塁打を打つと、神宮はお祭り騒ぎ。30日、東海大菅生はこの異様な空気の中で再び戦うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る