侍J監督は稲葉氏に 行き場なくした“本命”原辰徳氏の今後

公開日: 更新日:

 侍ジャパンの新監督に稲葉篤紀氏(44)が決定したことで、当初は大本命とされていた巨人原辰徳前監督(59)は、これから何をやるのか。

 現在も巨人の「球団特別顧問」として籍はあるものの、仕事はほぼ皆無。侍ジャパン監督の最有力候補だったが、契約年数などの条件で折り合わず、交渉が決裂したともっぱらである。

 さる球界関係者がこう言った。

「侍ジャパンの監督をやるなら、3年後の東京五輪まで。4年後のWBCはやりませんという条件だった。他にも細かい条件を突きつけてNPB側を困らせたとか。巨人でも自身の影響力を残そうとしたが、6月に選手出身で初めてとなる鹿取GMが誕生したことで、フロント入りしてチームを動かすという希望は実現が難しくなってしまった」

 巨人は巨人で球団ワーストの13連敗を食らうなど、Bクラスの4位に沈む苦しい状況。一部からは3度目の監督再登板の可能性もささやかれるが、親会社の読売関係者は「球団の現体制はコンプライアンス重視。1億円事件もあった原さんに監督として再び頼ることはないと思う。そもそも現チームを窮地に追い込んだのは、次世代の選手を育成せずに、2年前にチームを去った原前監督ではないか、負の遺産だ、という声もあるくらいですから」と否定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る