• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「待ち人来る」楽天“核弾頭”茂木復帰に梨田監督が大喜び

 故障者続出、負ければ今季初の4連敗。首位チームを覆い始めたそんな暗雲を払いのけたのが、聖沢諒(31)だった。

 九回2死走者なしからつくった一、二塁のチャンスで、左中間へ2点適時二塁打。「打ったらヒーローになれる。プラス思考でいった」と、ものの見事に直球を狙い打った。

「劣勢からの印象に残る試合。聖沢は本当によく打ってくれた」

 試合後、そう相好を崩した梨田監督が、ヒーローの殊勲打以上に喜んだのが、決勝のホームを踏んだ茂木栄五郎(23)の復帰だ。6月中旬に右ヒジ痛で離脱。約1カ月半ぶりに一軍に戻ってきた“核弾頭”は、九回の打席でしぶとく四球を選びチャンスをつないだ。

 指揮官は、「待ち人来るではないけれど、やっと帰ってきた茂木がよく走った」と、離脱するまで打率・319、12本塁打、37打点とチームを牽引した1番打者の復帰に大喜び。五回には二塁打も放ったが、実際にはまだ、軽いキャッチボールしかできない状態だ。この日も遊撃ではなくDHでの出場。本人も「正直まだまだかな」という。

 それでも、ヒーローの聖沢が「(入団)2年目だけど頼れる選手」と話す存在感。手負いだろうがなんだろうが、チームにとっては頼もしい男が帰ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る