「待ち人来る」楽天“核弾頭”茂木復帰に梨田監督が大喜び

公開日:

 故障者続出、負ければ今季初の4連敗。首位チームを覆い始めたそんな暗雲を払いのけたのが、聖沢諒(31)だった。

 九回2死走者なしからつくった一、二塁のチャンスで、左中間へ2点適時二塁打。「打ったらヒーローになれる。プラス思考でいった」と、ものの見事に直球を狙い打った。

「劣勢からの印象に残る試合。聖沢は本当によく打ってくれた」

 試合後、そう相好を崩した梨田監督が、ヒーローの殊勲打以上に喜んだのが、決勝のホームを踏んだ茂木栄五郎(23)の復帰だ。6月中旬に右ヒジ痛で離脱。約1カ月半ぶりに一軍に戻ってきた“核弾頭”は、九回の打席でしぶとく四球を選びチャンスをつないだ。

 指揮官は、「待ち人来るではないけれど、やっと帰ってきた茂木がよく走った」と、離脱するまで打率・319、12本塁打、37打点とチームを牽引した1番打者の復帰に大喜び。五回には二塁打も放ったが、実際にはまだ、軽いキャッチボールしかできない状態だ。この日も遊撃ではなくDHでの出場。本人も「正直まだまだかな」という。

 それでも、ヒーローの聖沢が「(入団)2年目だけど頼れる選手」と話す存在感。手負いだろうがなんだろうが、チームにとっては頼もしい男が帰ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る