「待ち人来る」楽天“核弾頭”茂木復帰に梨田監督が大喜び

公開日: 更新日:

 故障者続出、負ければ今季初の4連敗。首位チームを覆い始めたそんな暗雲を払いのけたのが、聖沢諒(31)だった。

 九回2死走者なしからつくった一、二塁のチャンスで、左中間へ2点適時二塁打。「打ったらヒーローになれる。プラス思考でいった」と、ものの見事に直球を狙い打った。

「劣勢からの印象に残る試合。聖沢は本当によく打ってくれた」

 試合後、そう相好を崩した梨田監督が、ヒーローの殊勲打以上に喜んだのが、決勝のホームを踏んだ茂木栄五郎(23)の復帰だ。6月中旬に右ヒジ痛で離脱。約1カ月半ぶりに一軍に戻ってきた“核弾頭”は、九回の打席でしぶとく四球を選びチャンスをつないだ。

 指揮官は、「待ち人来るではないけれど、やっと帰ってきた茂木がよく走った」と、離脱するまで打率・319、12本塁打、37打点とチームを牽引した1番打者の復帰に大喜び。五回には二塁打も放ったが、実際にはまだ、軽いキャッチボールしかできない状態だ。この日も遊撃ではなくDHでの出場。本人も「正直まだまだかな」という。

 それでも、ヒーローの聖沢が「(入団)2年目だけど頼れる選手」と話す存在感。手負いだろうがなんだろうが、チームにとっては頼もしい男が帰ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る