統一球は夏に飛ぶ? 貧打巨人“謎の覚醒”で本塁打量産

公開日: 更新日:

 巨人が変だ。5日に6試合連続3本塁打以上のプロ野球記録をマークするなど、あれだけ苦しんでいた貧打線に、突如として当たりが出始めたのだ。

 8日の阪神戦は伏兵の石川が逆方向の右翼席に本塁打するなど6―1で快勝。7月29日時点でリーグ最少だった本塁打数は、現在は79本となって同3位。昨年7、8月に首位広島を猛追するなど、暑くなるとコンディションを上げる選手が多く、チームとして夏に強いのは一つの要因だろう。ただ、これまで1試合で3本以上の本塁打は2度しかなかった巨人が突然、本塁打を量産し始めたのだから、他球団も驚くばかり。前カードで対戦した中日のある野手は、微妙な変化を指摘していた。

「うちの本塁打はゲレーロとビシエドの両助っ人が大半だから、違いが分かりにくいけど、最近になってやけにボールが飛びだした気がする。巨人の陽岱鋼が詰まりながら逆方向へ打った本塁打があったでしょ。いくら狭い東京ドームとはいえ、あれが入っちゃうのは飛ぶボール時代と一緒。橋本の今季1号もありましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る