• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

沢村が二軍戦登板も…巨人が中継ぎ補強で狙う中日・谷元

 先月31日に日本ハムから金銭トレードで中日に移籍したばかりの谷元圭介(32)が6日、巨人打線を抑えた。

 デビュー戦となった4日の試合は1回1失点だったが、この日は1点リードの八回に4番手として登板。1イニングを無失点に抑え、移籍後初ホールドを挙げた。

 日本ハムの選手として監督推薦で先月の球宴に出場。オールスターに出場した選手がシーズン中にトレードされるのはNPB初の珍事だったが、新天地の中日では、早くも勝ちパターンのセットアッパーを任される。167センチ、72キロと小柄ながら、最速150キロのキレのいい直球が武器。これに垂涎の的なのが巨人だという。

「ここ3年は50試合以上に登板し、今年6月に国内FA権を取得。経験豊富で球宴に出るほどのセットアッパーはどこだって欲しいだろうが、勝利の方程式がマシソン、カミネロの2人しか固定できず、六、七回の中継ぎ陣に苦しんでいる巨人の評価が特に高い。左腕のコンディション不良で離脱している山口鉄也は、長年の勤続疲労の影響とみられ、今後アテにはできない。この日、二軍戦で5カ月ぶりの実戦登板を果たした沢村もそう。中日へ移籍する前から日本ハムの谷元、宮西ら、補強ポイントのセットアッパーは、巨人の調査対象だった」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る