沢村が二軍戦登板も…巨人が中継ぎ補強で狙う中日・谷元

公開日:  更新日:

 先月31日に日本ハムから金銭トレードで中日に移籍したばかりの谷元圭介(32)が6日、巨人打線を抑えた。

 デビュー戦となった4日の試合は1回1失点だったが、この日は1点リードの八回に4番手として登板。1イニングを無失点に抑え、移籍後初ホールドを挙げた。

 日本ハムの選手として監督推薦で先月の球宴に出場。オールスターに出場した選手がシーズン中にトレードされるのはNPB初の珍事だったが、新天地の中日では、早くも勝ちパターンのセットアッパーを任される。167センチ、72キロと小柄ながら、最速150キロのキレのいい直球が武器。これに垂涎の的なのが巨人だという。

「ここ3年は50試合以上に登板し、今年6月に国内FA権を取得。経験豊富で球宴に出るほどのセットアッパーはどこだって欲しいだろうが、勝利の方程式がマシソン、カミネロの2人しか固定できず、六、七回の中継ぎ陣に苦しんでいる巨人の評価が特に高い。左腕のコンディション不良で離脱している山口鉄也は、長年の勤続疲労の影響とみられ、今後アテにはできない。この日、二軍戦で5カ月ぶりの実戦登板を果たした沢村もそう。中日へ移籍する前から日本ハムの谷元、宮西ら、補強ポイントのセットアッパーは、巨人の調査対象だった」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る