• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

智弁和歌山37年指揮 高嶋仁監督に聞く勇退報道と後継者

 11日に登場する智弁和歌山(和歌山)を率いる高嶋仁監督(71)は、80年から37年間指揮を執る大ベテラン。春夏通じて3回の優勝実績があるが、12年以降3大会初戦未勝利が続いている。これまで何度か勇退報道がスポーツ紙を賑わせたが、本人はどう思っているのか。今春、OBで、元阪神の中谷仁氏(38)がコーチに加わったことも併せて聞いてみた。

 ――ここ数年、初戦突破できずにいます。

「理由は簡単、相手が強いから。うちには絶対的な力がない。大阪桐蔭みたいな選手がいない。和歌山でもトップの選手は全部(引き)抜かれますから。そこが歯がゆい」

 ――引き抜かれてしまうのはなぜ?

「向こうは(学費)免除とか特待生(制度)があるけど、うちは一切ない。大阪とか兵庫から来るとして、安く見積もっても月に12万~13万円はいります。うちには寮もないから、自分でマンションを借りて授業料を払って来るわけですから、サラリーマン家庭では無理です。うちに限らず、和歌山県のどこの高校が出ても勝てないと思う。ここ5、6年苦しんでいるのは、そういう経済的なもんですよ。そこは太刀打ちできません。学校が出してくれるなら別ですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る