• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島2年目岡田が11勝目 ドラ1“ドタキャン”巨人歯ぎしり

 13日の巨人戦に先発した広島の岡田明丈(23)が、6回を4安打1失点で薮田に並ぶチームトップタイの11勝目(4敗)。リーグトップの菅野の12勝に迫り、「最多勝を意識?まずはチームが勝つことが最優先。結果として取れればいい」と、はにかんだ。

 大商大からドラフト1位で入団して2年目。同じ年、巨人は立命大の桜井俊貴(23)を1位指名した。広島と巨人は、この同じ関西地区の大学生2投手をともに1位候補とし、直前まで迷い、議論を重ねたという。巨人のさるチーム関係者がこう言うのだ。

「10月のドラフト直前の両投手の登板を当時の山下スカウト部長らスカウト総出で最終チェック。岡田は内容が悪く、桜井は延長14回206球を投げて完投勝利を挙げた。あるスカウトが『一世一代の投球』とうなった熱投で、桜井が逆転でドラ1に決まったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る