広島2年目岡田が11勝目 ドラ1“ドタキャン”巨人歯ぎしり

公開日: 更新日:

 13日の巨人戦に先発した広島岡田明丈(23)が、6回を4安打1失点で薮田に並ぶチームトップタイの11勝目(4敗)。リーグトップの菅野の12勝に迫り、「最多勝を意識?まずはチームが勝つことが最優先。結果として取れればいい」と、はにかんだ。

 大商大からドラフト1位で入団して2年目。同じ年、巨人は立命大の桜井俊貴(23)を1位指名した。広島と巨人は、この同じ関西地区の大学生2投手をともに1位候補とし、直前まで迷い、議論を重ねたという。巨人のさるチーム関係者がこう言うのだ。

「10月のドラフト直前の両投手の登板を当時の山下スカウト部長らスカウト総出で最終チェック。岡田は内容が悪く、桜井は延長14回206球を投げて完投勝利を挙げた。あるスカウトが『一世一代の投球』とうなった熱投で、桜井が逆転でドラ1に決まったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る