広島2年目岡田が11勝目 ドラ1“ドタキャン”巨人歯ぎしり

公開日:

 13日の巨人戦に先発した広島の岡田明丈(23)が、6回を4安打1失点で薮田に並ぶチームトップタイの11勝目(4敗)。リーグトップの菅野の12勝に迫り、「最多勝を意識?まずはチームが勝つことが最優先。結果として取れればいい」と、はにかんだ。

 大商大からドラフト1位で入団して2年目。同じ年、巨人は立命大の桜井俊貴(23)を1位指名した。広島と巨人は、この同じ関西地区の大学生2投手をともに1位候補とし、直前まで迷い、議論を重ねたという。巨人のさるチーム関係者がこう言うのだ。

「10月のドラフト直前の両投手の登板を当時の山下スカウト部長らスカウト総出で最終チェック。岡田は内容が悪く、桜井は延長14回206球を投げて完投勝利を挙げた。あるスカウトが『一世一代の投球』とうなった熱投で、桜井が逆転でドラ1に決まったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る