• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12年ドラ6がいまや首位打者 DeNAが宮崎を発掘できたワケ

 手がつけられなくなってきた。

 DeNAの宮崎敏郎(28)が5日の阪神戦で5打数5安打の大当たり。「すがすがしい気持ちで打席に入ることができた」と笑顔だったヒットマンは、打率.351で首位打者争いで頭一つ抜け出した。

 DeNAが新規参入後、初めてのドラフトを行った12年、セガサミーからドラフト6位で獲得した。DeNAは宮崎について、「ガッツがある。今のチームにはいない選手」と評価していたそうだ。当時のチームは万年Bクラスで、選手に負けグセが染み付いていた。

「打撃センスはあっても172センチと小柄で、守備や走塁はプロでは厳しいと他球団が指名を回避する中、DeNAは宮崎のガッツに賭けた部分もある。宮崎はアマ時代、他の選手が練習を終えたあとも、一心不乱にマシン打撃を打ち続けるため、チーム関係者が球場を閉められずに困ったことがよくあったそうです。試合で内野フライを打ち上げても、全力で一塁まで駆け抜けるような選手だった。そうした姿をスカウトがつぶさに見ていた。今は遠征先のホテルにバットを持ち帰り、夜な夜な素振りをすることもあります」(マスコミ関係者)

 宮崎のような下位指名選手が大活躍するのだから、DeNAがAクラスにいる理由も分かるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る