• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12年ドラ6がいまや首位打者 DeNAが宮崎を発掘できたワケ

 手がつけられなくなってきた。

 DeNAの宮崎敏郎(28)が5日の阪神戦で5打数5安打の大当たり。「すがすがしい気持ちで打席に入ることができた」と笑顔だったヒットマンは、打率.351で首位打者争いで頭一つ抜け出した。

 DeNAが新規参入後、初めてのドラフトを行った12年、セガサミーからドラフト6位で獲得した。DeNAは宮崎について、「ガッツがある。今のチームにはいない選手」と評価していたそうだ。当時のチームは万年Bクラスで、選手に負けグセが染み付いていた。

「打撃センスはあっても172センチと小柄で、守備や走塁はプロでは厳しいと他球団が指名を回避する中、DeNAは宮崎のガッツに賭けた部分もある。宮崎はアマ時代、他の選手が練習を終えたあとも、一心不乱にマシン打撃を打ち続けるため、チーム関係者が球場を閉められずに困ったことがよくあったそうです。試合で内野フライを打ち上げても、全力で一塁まで駆け抜けるような選手だった。そうした姿をスカウトがつぶさに見ていた。今は遠征先のホテルにバットを持ち帰り、夜な夜な素振りをすることもあります」(マスコミ関係者)

 宮崎のような下位指名選手が大活躍するのだから、DeNAがAクラスにいる理由も分かるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る