日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAドラ1浜口も トラックマンはスカウティングでも活躍

 近年、プロ野球界で導入が進むトラックマン(弾道測定器)。軍事用のレーダーシステムを応用したこの機械は、投手の球種ごとのスピードや回転数、ボールの角度、縦横の変化量、打者の打球速度、打球角度、飛距離などを数字で把握することができる。

 メジャーでは全30球団が導入済みで、日本では2014年に楽天が導入して以降、阪神、中日、ヤクルト、ロッテ、広島を除く7球団が使用している。自軍、敵軍両方の選手のデータ分析はもちろん、試合中の投球の回転数によって疲労度を測るなど、采配に活用している球団もある。

 アマ選手のスカウティングにも利用されている。DeNAが昨年のドラフト1位で獲得した浜口遥大(神奈川大)のケースがそうだった。

 浜口は現在、左肩の故障で二軍調整中だが、今季6勝(4敗)をマーク。77回で86奪三振、奪三振率「10.05」を誇る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事