• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周囲が口止めか? 稀勢の里「ケガはすでに完治」の怪情報

 9月場所が正念場となりそうだ。

 先場所から続いていた左ヒザ痛のため、13日の仙台興行から夏巡業を途中休場となった白鵬(32)。自分の状態を見極めるや、スパッと休むあたりはさすがベテラン横綱だろう。

 そこにいくと、対照的なのが10日から夏巡業に復帰した稀勢の里(31)だ。ケガの影響で2場所連続で途中休場し、先場所は左足も痛めた。横綱審議委員会からも9月場所の休場を勧められながらも、横綱としての責任感からなのか、稽古をしたくてたまらないのか、周囲の心配をよそに土俵に上がっている。

 だがしかし、ここにきて「稀勢の里のケガはとっくに完治している」という声が聞こえてきた。

 力士もよく通う都内病院の関係者は「ケガの影響はないと聞いている」と、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事