阪神・糸井がサヨナラ弾 14年目の“初仕事”で広島と6.5差

公開日:

 打った瞬間、バットを放り投げるほど完璧な当たりだった。

 阪神の糸井が延長十回、ヤクルトの4番手右腕・近藤から、プロ初となるサヨナラの12号ソロ弾を右翼席へたたき込んだ。プロ14年目でこのホームランが137本目。チャンスに強いイメージがあるだけに、サヨナラホームランが初めてと聞いて「えっ!?」と思ったファンは少なくないだろう。

 糸井がお立ち台で「やりました! 甲子園でサヨナラホームランを打てて最高の気分です」と言ったその数十分前、首位広島が巨人に競り負け優勝マジックが消滅。2位阪神と広島とのゲーム差は6.5に縮まった。糸井の強烈弾は、虎ファンをその気にさせる「初仕事」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る