釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

状態の良い選手で豪州に勝利 本田と香川の処遇に今後注目

公開日:  更新日:

 W杯予選に求められること――。言うまでもない。「結果を出す(予選を突破する)」である。

 これまでハリルホジッチ監督については、日刊ゲンダイでいろいろと批判をさせてもらった。しかし「勝てばロシアW杯出場決定」の大一番でオーストラリア相手に2―0の勝利については「よく頑張ってくれた」と言いたいし、指揮官、コーチ、スタッフ、選手たちに素直な気持ちで「おめでとう」と伝えたい。

 オーストラリア戦の勝因は何か? 答えはいたってシンプルである。

 まずは90分間、フルに動ける「コンディションの良い選手」を選んだことだ。本来なら当たり前のことだが、これまではFW本田(パチューカ)やMF香川(ドルトムント)らの経験に頼り過ぎていた。加えて代表歴は少ないが、それぞれ際立ったストロングポイントを持った選手を思い切って起用したことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る