ロシアW杯に導く先制弾 FW浅野の意外な素顔を母親明かす

公開日:

 日本の快足FW、浅野拓磨(22=ドイツ1部・シュツットガルト)の左足が歴史を覆した。

 オーストラリア戦の前半41分、DF長友のクロスに絶妙なタイミングで反応。ディフェンスラインの裏に抜け出し、左足で合わせてゴールネットを揺らした。

 日本は昨年9月1日の最終予選初戦でUAEに敗れて黒星発進。W杯出場確率0%のデータを自らの先制弾でひっくり返した浅野は、「長友選手がいいボールを送ってくれた。それをずっと狙っていた。すごく気持ちが良かった」と、してやったりの表情だった。

 サッカージャーナリストの元川悦子氏が言う。

「とにかく折り目正しい好青年です。ドイツ取材で練習場に行くとファンサービスを済ませたあとに彼の方から気さくに近寄ってきてくれ、いつもそうですが、背筋を伸ばして誠実に質問に答えてくれます。(16年8月に移籍した)ドイツ1年目は、生まれて初めての一人暮らしが心細くてしょうがないと、『(三重県の実家に住む)家族とスカイプばかりやって寂しさを紛らわせてます』と照れくさそうに話してくれたのが印象的。家族愛が強く、両親ときょうだいのために頑張ります! というのが口癖です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る