• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豪戦に勝利でW杯出場決定も…ハリル日本に“3つの大誤算”

 24日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日・埼スタ)とサウジアラビア戦(9月6日・ジッダ)に向けた日本代表メンバー27人(GK3人、DF8人、MF7人、FW9人)を発表したハリルホジッチ日本代表監督(65)。

 会見では「愛国心やプライドなど日本という国家にとっても大事な試合となる。選手たちにはサムライになってもらう」と気合十分だった。

 サッカーダイジェストで編集長を務めた六川亨氏は「難敵のオーストラリア相手に“負けないサッカー”も大事だが、あくまで“勝ってW杯出場を決める”という意思をポジション別最多9人のFWを招集することで鮮明にした」と解説する。

■先発予定FW4人が抱える内憂外患

 もっとも、日本はグループBの首位に立っているものの、2位サウジと3位オーストラリアとは勝ち点1差。ハリルホジッチ日本代表の周辺からは「こんなことで大丈夫なのか? ロシアW杯に行けるのか?」という不安の声が渦巻いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る