豪戦に勝利でW杯出場決定も…ハリル日本に“3つの大誤算”

公開日:

 24日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日・埼スタ)とサウジアラビア戦(9月6日・ジッダ)に向けた日本代表メンバー27人(GK3人、DF8人、MF7人、FW9人)を発表したハリルホジッチ日本代表監督(65)。

 会見では「愛国心やプライドなど日本という国家にとっても大事な試合となる。選手たちにはサムライになってもらう」と気合十分だった。

 サッカーダイジェストで編集長を務めた六川亨氏は「難敵のオーストラリア相手に“負けないサッカー”も大事だが、あくまで“勝ってW杯出場を決める”という意思をポジション別最多9人のFWを招集することで鮮明にした」と解説する。

■先発予定FW4人が抱える内憂外患

 もっとも、日本はグループBの首位に立っているものの、2位サウジと3位オーストラリアとは勝ち点1差。ハリルホジッチ日本代表の周辺からは「こんなことで大丈夫なのか? ロシアW杯に行けるのか?」という不安の声が渦巻いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る